日本の「第二の国旗」ともいうべき「旭日旗」を侮辱する韓国を許すな!NHKも事実をキチンと報道しなさい!

 

韓国というバカな反日国家に、毅然と立ち向かいつつ、国際的にも「反日国家が、嫌がらせをしているだけ」と、主張し続けなければならない。

 

今回、NHKの記事を紹介するが、事実を正確に報道していない。NHKは「反日メディア」だということを如実に示している。

 

以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。なお、記事中、元々太字だった部分は、アンダーラインで表示した。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170504/k10010970801000.html?utm_int=news-sports_contents_list-items_006

川崎の旭日旗問題 執行猶予つきで無観客試合の処分

5月4日 17時06分

 

サッカーのACL=アジアチャンピオンズリーグの先月の試合で、川崎フロンターレのサポーターが、旧日本軍軍の旗として使った旭日旗を掲げた問題で、AFC=アジアサッカー連盟はフロンターレに対し、1年間の執行猶予つきでAFC主催の1試合を無観客試合とする処分を決めました。
この問題は、先月25日に韓国で行われたACLの1次リーグ第5戦、川崎フロンターレ対韓国のスウォンとの試合で、フロンターレの男性サポーター2人が観客席で旭日旗を掲げたものです。

 

旭日旗旧日本軍軍の旗として使っていたことから、韓国では、これまでもスポーツの会場で反発が出ていて、試合を主催するAFCが処分を検討していましたが、AFCの裁定委員会は、旭日旗は「差別的メッセージに当たる」などどして、フロンターレに対し、1年間の執行猶予つきでAFC主催の1試合を無観客試合とすることと、罰金1万5000ドルの処分を決めました。

 

今後、1年間にサポーターが再び問題とされる行為を起こした場合、これらの処分が下されることになります。

 

Jリーグでは、ガンバ大阪の試合でナチス・ドイツの親衛隊のマークに似た旗を振ったり、徳島ヴォルティスの試合でボールパーソンに液体を振りかけるなど、サポーターをめぐる問題が相次いでいます。

 

川崎「決定は非常に残念」

 

AFC=アジアサッカー連盟が、1年間の執行猶予つきでAFC主催の1試合を無観客試合とするなどの処分を決めたことについて、川崎フロンターレは「旭日旗には政治的な意図や差別的な意図はないというのが、クラブとしての考えなので、今回の決定は非常に残念」とコメントしています。そのうえで、今後、AFCに対して、処分の理由や経緯について改めて確認し、回答の内容によっては、異議申し立て検討するとしています。

※ 赤字・太字は、管理人による。

 

本当に、NHKの記事はヒドイ。

 

だいたい、日本軍の旗として使ったのは、日章旗(いわゆる日の丸)も同じである。無知も甚だしい。

 

また、旭日旗は、今でも海上自衛隊で使っている。

 

そして、韓国が旭日旗で大騒ぎし始めたのは、2011年に韓国の「反日サッカー選手」が、日本人を「サル」呼ばわりした事件からだ。

 

もしかすると、経緯を知らない人もいるかもしれないので、ウィキペディアから引用する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E6%97%A5%E6%97%97

韓国および韓国人の反応
大韓民国では旭日旗近年まで批判の対象とされていなかったが、2011年1月のサッカー日韓戦日本人を侮蔑するパフォーマンスを行った韓国代表の奇誠庸人種差別にあたるという批判に対して「観客席にあった旭日旗への報復のために行った」(実際に観客席に旭日旗は掲げられていなかった)と言い訳をしたことを契機に、韓国世論は旭日旗に問題があり、国際社会から追放するべきと主張するようになった。 また、2012年8月10日に起きた李明博大統領の竹島(韓国名:独島)上陸とその直後に開催されたロンドンオリンピックサッカー3位決定戦において、朴鍾佑選手が「独島はわれわれの領土」と書かれたプラカードを競技場で高く掲げるという行動をしたが、これについて日本は抗議し国際オリンピック委員会(IOC)もそのような政治的行動を問題視した。これに対して韓国では旭日をあしらってデザインされたとみえる日本のユニホームなどをはじめ、「旭日旗のほうが問題だ」として抗議、韓国国会議員・韓国世論・在米韓国人らの旭日旗への抗議は加速し、旭日旗を「戦犯旗」と呼んだり「ナチス党旗と同じ性格の旗(ハーケンクロイツ)」とまで主張するようになった。
ロンドンオリンピックの直後に韓国は国際オリンピック委員会(IOC)に旭日旗に問題があると訴え、説明をしたが、IOC関係者は、そのような問題意識は初めて聞く内容であったとし、またIOCのジャック・ロゲ委員長も朴鍾佑選手の竹島プラカード問題は政治的表現禁止規定違反だが、日本の旭日デザインは違反とはならないという判断を示した。また、韓国は第二次大戦中に日本の植民地となった国々にも協調を呼びかけたが、理解は得られず(中国は韓国の問題意識は理解しつつも、国家間で決めることであり、スポーツの場で訴える内容のものではないと述べている)、韓国の新聞社は旭日旗を見ると韓国人は怒りがこみ上げるが、国際社会では何も問題とされておらず、「もう一つの国旗」程度と認識されている事を伝え、「政治家が外交的に先に解決すべき問題」と主張している。産経新聞では、韓国の旭日旗に対する姿勢を批判し、第二次大戦中に日本の相手であった米国でさえ、旭日旗に対してなんの抗議もしていないし、それどころか友軍の旗として自然に敬意を表してくれているとしている。 

 

本当に、NHKは、何を考えているんだ。

 

日本の「第二の国旗」ともいうべき「旭日旗」を侮辱するバカな国の方が問題なのに、さも日本側が悪いかのような書き方だ。

 

NHKのおかしな記事は、今回だけではない。過去の記事をいくつか紹介。 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

  

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

 もはや、常識ある日本人は、明治遺跡群の世界遺産登録の際の出来事や、慰安婦像の関係などで、韓国は「単に嫌がらせをしたいだけ」のバカな国だと分かってしまっている。

 

NHKは、こんないい加減な記事を書くようなら、民進党と同じく、国民の支持を失ってしまうだろう。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

NHK捏造事件と無制限戦争の時代

NHK捏造事件と無制限戦争の時代

  • 作者: 藤井厳喜,ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ
  • 出版社/メーカー: 総和社
  • 発売日: 2009/11/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 6人 クリック: 32回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

内容紹介
情報戦の初の本格的な教科書誕生!

 

視聴者から公共放送として高い信頼を得ているNHKの実態が、シナ共産党の影響下にあり、偏った番組制作や報道をしているという事実は、あまり知られていない。しかし「情報戦争」という国際政治のリアリズムで直視するなら、外国勢力のこうした工作は常套手段であり、「常識」とさえいえる。


本書は21世紀型の戦争である「情報戦争」の実態・構造・歴史などを国際問題アナリスト、未来学者である著者がわかりやすく解説する。

 

著者が取材を重ね続けたNHK捏造事件「JAPANデビュー“アジアの一等国”」放映以後の、反NHK運動の詳細をはじめとし、歴史問題、最近の世界の情報戦争の実例等、多くの写真と図解チャート、関係図等で視角的にも、誰でもが予備知識ゼロから理解しやすいよう工夫されたビジュアル・ブックである。

 

情報戦争に関する「永久保存版のテキスト」であり、関係分野のガイドブックとしても使える「辞典」としての役割も有している。

 

取上げるテーマ、それぞれにNETとの連動が意識され、WEBやYouTube動画等を中心に、常に「最新の情報」へのフォローアップが有機的に更新されるような工夫も想定された画期的で新しい「本」の形態を模索し、創られている。

 

更に、本書の特設専用サイト『NHK情報戦争.COM』(最新データ・フォローアップ)も用意され、読者専用の特典ページも用意されている。(パスワードや詳細は本文内)

 

著者新シリーズの試みとして、各章毎の終わりに、ネコが解説する「ニャン・コラム」も登場、テーマ毎により分かりやすく解説し総復習できるようになっている。


≪特別企画: 別章「アジアの無制限戦争、最前線!!」≫
本書の目玉は、これだけで新書1冊分以上の内容である150ページもの分量の「特別企画章」である。TVメディアでは取上げられないアジア情勢最新情報が、各分野の最もHOTな話題、専門家との会話と共に明かされる。
・「今、アジアで何が起きているのか?」―最前線レポートを検証
■台湾
・台湾と日本は運命共同体である
〈対談〉 日本を守る。台湾を守る―永山英樹(台湾研究フォーラム会長)との対談
〈対談〉 シナ帝国主義との生存をかけた闘い―林建良(「台湾の声」編集長)との対談
■ウイグル
・シルクロードの第二の被爆国・ウイグル―日本は唯一の被爆国ではなかった
〈対談〉 シナ帝国主義占領下のウイグル人の苦悩―イリハム・マハムティ(世界ウイグル会議日本代表)との対談
〈対談〉 シナの核「実験」は国家による犯罪だ!!―高田純(札幌医科大学教授)との対談
■チベット
・日本とチベット 民族自決権を求めるチベット
〈対談〉 シナの過酷な民族絶滅政策に耐えるチベット―ペマ・ギャルポ(チベット文化研究所所長)との対談
各国毎に、地図や歴史年表、文化等の入門情報が多数の写真入りで紹介され、各国入門ガイドにもなっている。
また各国情報を勉強するのに最適な情報収集先の紹介、情報戦争対策、入門書籍・サイト情報も丁寧に紹介されている。

 

内容(「BOOK」データベースより)
「無制限戦争」とはいったい何!?本書はこれを解き明かす初の本格的教科書である!多岐にわたる「情報戦争」の専門的内容を超平易に徹底解説!裁判史上最大規模、1万人のNHK集団訴訟はなぜ、起きた―。