「実質的な移民」である在留資格「永住者」が増え続ける日本!在留外国人の数自体も238万人と過去最多!

 

2週間前の記事だが・・・。

 

これ以上、外国人が増加すると、日本社会に様々な「ひずみ」が生じる。

 

どんな「ひずみ」かは、さんざんこのブログで書いてきたので省略。

 

とりあえず、事実の指摘だけにとどめる。

 

もはや、ある程度の「合理的な制限」が必要な段階に入っている。

 

以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000082-jij-pol

在留外国人、最多238万人=ベトナムが急増
時事通信 3/17(金) 16:10配信

 法務省は17日、2016年末時点在留外国人数前年比6.7%増238万2822人となり、2年連続で過去最多を更新したと発表した。

 

 今年1月1日現在の不法残留者数3.9%増6万5270人で、3年連続で増加した。いずれもベトナムからの人数が大きく伸びた

 

 在留外国人は、就労や留学などの中長期滞在者と特別永住者の合計。国別では、中国69万5522人、韓国45万3096人、フィリピン24万3662人。これにベトナムが19万9990人で続き、増加率は36.1%と突出して高かった。

 

 不法残留は、韓国1万3265人、中国8846人、タイ6507人。ベトナムは34.9%増の5137人だった。 

 

別の視点からの記事。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000067-mai-soci

<在留外国人>最多238万人…永住者、20年で10倍
毎日新聞 3/17(金) 19:14配信

 法務省は17日、2016年末の在留外国人数が238万2822人(前年末比15万633人、6.7%増)だったと発表した。在留資格別では「永住者」72万7111人(同2万6611人、3.8%増)と最も多く、いずれも統計を取り始めた1959年以降最多。在留外国人は96年の134万人余から20年で100万人余増の1.77倍だが、永住者96年の約7万2000人から約10倍と大幅に増加した。

 

 在留外国人はリーマン・ショックの影響などで09年から減少し、13年に増加に転じた。16年末は国別で(1)中国(69万5522人)(2)韓国(45万3096人)(3)フィリピン(24万3662人)(4)ベトナム(19万9990人)の順。一方、永住者その間も一貫して増加。16年末の国別は未集計だが、15年末(1)中国(22万人余)(2)フィリピン(12万人余)(3)ブラジル(10万人余)(4)韓国(6万人余)の順だった。

 

 在留資格別では永住者に続き▽在日韓国・朝鮮人などの特別永住者33万8950人(前年末比2.8%減)▽留学27万7331人(同12.4%増)▽技能実習22万8588人(同18.7%増)の順。

 

 15年の国勢調査日本の総人口1億2709万4745人で、10年調査から96万2607人減少したが、これには在留外国人含まれ永住者の急増総人口の減少緩やかにしていると言える。政府「移民政策は取らない」との立場だが、首都大学東京の丹野清人教授(労働社会学)は「在留資格の更新が不要で職業制限もない永住者実質的移民だ」と指摘している。【山口知】

 

早め早めに措置しておかないと、気づいたら、「日本社会がおかしくなっていた」「日本社会が乗っ取られていた」「日本は住みづらい国になった」では、話にならない。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

北海道が危ない!

北海道が危ない!

 

  

日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき

日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき

 

  

カエルの楽園

カエルの楽園

 

  

「カエルの楽園」が地獄と化す日

「カエルの楽園」が地獄と化す日