平成28(2016)年度の入国拒否は5805人(前年比25・9%増加)!

 

氷山の一角にしかすぎないと思われる。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000115-jij-pol

16年の入国拒否5805人=インドネシアが9割増―法務省
時事通信 3/24(金) 17:08配信

 法務省は24日、入国目的に疑義があるなどとして2016年に入国を拒否した外国人数が前年比25.9%増の5805人だったと発表した。

 

 5000人超えは8年ぶり。国別でトップは、査証(ビザ)免除で来日者が増えているインドネシアで、同86.8%増の1683人だった。

 

 インドネシア人査証の一部免除措置が始まった14年の40人から約40倍激増。法務省は「査証免除だから簡単に入国できると思って来るケースが増えている」と分析している。以下、タイ1002人、台湾579人だった。

 

 拒否の理由では、不法就労目的ながら観光や短期商用などと偽っていると疑われる者が4205人と最多。次いで過去に強制退去処分を受けて入国拒否措置の期間中だったなど「上陸拒否事由」に該当した者が922人だった。 

※ 赤字・太字は、管理人による。 

 

やはり、先進国以外で、査証免除は、よくない感じがする。

 

〈アマゾンへのリンク(その1)〉

堕ちた女の棲む孤島 ブラックアジア インドネシア辺境編 (ラピュータブックス)

堕ちた女の棲む孤島 ブラックアジア インドネシア辺境編 (ラピュータブックス)

 

内容紹介

ブラックアジアシリーズ第3弾。世間から、宗教社会から、忌み嫌われ、山奥の村に棄てられた女たち。インドネシアの孤島で彩られる、堕ちた男女が一瞬だけ人生を交差させた、決して成就することのない幻のダーク・ラブストーリー。

 

内容(「BOOK」データベースより)
闇に身を委ねなければ、闇の哀しみに触れることはない。世間から、宗教社会から、忌み嫌われ、山奥の村に棄てられた女たち。堕ちた男女が一瞬だけ人生を交差させた、決して成就することのない幻のダーク・ラブストーリー。ブラックアジアシリーズ第3弾!

 

〈アマゾンへのリンク(その2)〉

誇れる祖国「日本」 真の近現代史を読み解き、民族の誇りを取り戻せ

誇れる祖国「日本」 真の近現代史を読み解き、民族の誇りを取り戻せ

 

 「日本人の誇り」はどこに行った?

 

若者よ、歴史を知り、日本を再興せよ!

 

大震災、世界規模での経済危機、アジアを取り巻く外交の混乱……。
今、日本は戦後最も大きな「国難」を迎えていると言っても過言ではありません。

 

こんな時代だからこそ、「日本」という国の素晴らしさを再認識し、今後どのような道を進むべきかを考えないといけないのではないでしょうか。
本書は、日本の「歴史」「内部崩壊」「外交危機」という3つを大きなテーマとし、日本の正しい姿、あるべき姿を浮き彫りにすることで、読者にもっと日本人としての誇りを持ってもらい、日本再興の一助につなげる「救国の書」です。