読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


韓国籍の女が、生活保護費の不正受給で逮捕

 

ほんと、どうしようもない。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00000556-san-soci

「楽な生活したかった」生活保護費117万円を不正受給 77歳女、詐欺容疑で逮捕
産経新聞 3/7(火) 16:09配信

 収入があることを隠して生活保護費不正受給したとして、大阪府警河内長野署は7日、詐欺の疑いで、アルバイトの韓国籍ハイ久子容疑者(77)=大阪府河内長野市=を逮捕した。容疑を認めているという。

 

 逮捕容疑は、食品会社でのアルバイトの収入があったにも関わらず、平成27年7月~28年7月、収入がないと偽って河内長野市から生活保護費約117万円だまし取ったとしている。

 

 同署によると、ハイ容疑者は「母の介護で働けない」として平成11年9月から生活保護を受け始めたが、母親が12年5月に亡くなった後も受給し続け、市から再三警告を受けるなどしていたという。

 

 ハイ容疑者は「アルバイトで月10万円の収入があったが、嘘の申告をしていた。楽な生活をしたかった」などと供述しているという。

※ 赤字・太字は、管理人による。

 

こういうロクでもないヤツラは、意外と多いのだ。

 

生活保護担当の役所の人の苦労は、相当なものだと思う。

 

 過去記事。

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

行政に批判ばかりするヤツラは、現実を知らない。

 

理想や理念ばかりで、物事を判断している。

 

世の中は、もっと「ドロドロ」したものなのだ。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

生活“過

生活“過"保護クライシス(危機) それでも働かない人々

 

内容紹介
現場スタッフが、生活保護の現状を決死の告発! 「働けるのに働かない、元自衛官の言い分」「愛人の世話は生活保護で」「生活保護で大学進学を夢見る若者」「刑務所と生活保護で生き延びる」「若いころは無茶しても老後は安泰」「こっそり働き生活保護を二重取り」……など、実際の事例をもとに、制度自体の矛盾、人間の弱さ、狡猾さを暴きだす、衝撃のルポルタージュ。