読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


慰安婦像で在外邦人の子供が「嫌がらせ」や「いじめ」を受ける!政府は早急な対策を!

 

これも、2週間くらい前の記事・・・。

 

産経新聞から。

 

※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。
http://www.sankei.com/politics/news/170216/plt1702160016-n1.html

2017.2.16 17:33
「慰安婦像で在外邦人の子供がいじめ」 自民党会合で「慰安婦像放置」の政府に注文が相次ぐ 対外発信の充実を求める意見も
(1/2ページ)

 

 自民党の外交部会などの合同会議が16日、党本部で開かれ、世界各地に設置された慰安婦像をめぐる日本政府の対応批判が相次いだ

 

 会合には、明星大の高橋史朗特別教授と、オーストラリアで慰安婦像設置計画を阻止した「オーストラリア・ジャパン・コミュニティー・ネットワーク(AJCN)」の山岡鉄秀氏が出席した。

 

 高橋氏は、米カリフォルニア州グレンデール市に慰安婦像が設置されて以降、韓国系や中国系の子供から在米邦人の子供が受けたいじめ嫌がらせ実態を報告した。「日本人は臭いと言われ、仲間はずれにされ続けた」(小学校低学年)、「追いかけてきて何度もつばを吐きかけてきた」(小学校中学年)といったことがあるという。

 

 高橋氏によると、現地の日本総領事館「学校ではいじめはないことになっている」などとして、具体的な打開策とっておらず、通学する学校長との関係悪化を恐れ、被害を訴えていない親子もいるとされる。

 

この状態で、しかも、ねつ造した歴史教育を行っている中国・韓国に対する限り、塚本幼稚園の教育方針について、どうのこうのと言う方がおかしいだろう。

 

まあ、8億円の算定については、適正にされたかを確認する必要はあるだろうが。

 

続き。
http://www.sankei.com/politics/news/170216/plt1702160016-n2.html

(2/2ページ)

 

 報告に対し、出席議員からは「外務省戦略的歴史的事実を発信してほしい」「いじめがある前提外務省と文部科学省の対応必要だ」「在外邦人の身体を守るべき深刻な問題で、名誉回復と切り離して対処すべきだ」などと、政府に早急な対応を求める声続出した。合同会議は今後、在外邦人の子供に対するいじめの問題を集中的に議論することを検討する。

 

 党国際情報検討委員会の原田義昭委員長は、平成27年12月の「日韓合意」声明文などの慰安婦像に関する英訳について「日本が全て悪く、申し訳ないという部分が強調され、悪用されている」と指摘。旧日本軍による組織的な強制連行を認めたと受け止められないよう政府に対応を促す意見が相次いだ。

 

もはや、中国・韓国に「配慮」する外交は、完全に終わった

 

準敵国とみて、積極的に、強い姿勢で対応していかなければならない。

 

記事にあるように「在外邦人の身体を守るべき深刻な問題」なのである。

 

政府の適切かつ積極的な対応が、必要だろう。

 

〈アマゾンへのリンク〉  

内容紹介

朴政権の腐敗は歴史の必然だった。彼我の差を解き明かす渾身の書き下ろし。

弾劾された韓国・朴槿恵大統領のあまりの無法ぶりに、日本人は驚愕した。その後に起こった新たな慰安婦像の設置に関して、国家の約束より国民感情を優先する姿をみるにつけても、彼の国が「近代国家」である、とはいえないだろう。

韓国だけではない。いまだに中華思想の妄想にとりつかれている中国、核兵器を絶対に放棄しない北朝鮮……。どうして東アジアという地域には日本以外、これほどまでに「前近代的」な国家ばかりが集まっているのだろうか。

一方で日本は、黒船来航からわずか15年後、「世界史の奇跡」といわれる明治維新を成し遂げ、日露戦争の勝利によって「列強」になった。なぜ日本だけが近代化に成功し、中韓はいつまでも日本のようになれないのか?

本書は、これまで誰も正面から向き合わなかったその本質を、日中韓の壮大な文明史から説き起こす画期的な試みである。近代化を促す「5条件」からみたとき、中国と朝鮮が絶対に近代化できない理由とは、いったいどこにあるのか。

逆に日本は、すでに江戸時代にはその条件が満たされ、近代化の準備は整っていた、と石氏はいう。だから同時期に「西洋の衝撃」に直面したとき、中韓はそれを排斥しようとして自滅し、日本は「攘夷」から「倒幕」へと舵を切って、みごとに国家を存続させた。

ならば、そうした「歴史の教訓」は、前近代国家に囲まれたわが国に、いま何を教えてくれるのか。ベストセラー作家が渾身の書き下ろしで示した、日本人が知るべき新しい世界観。


〈目次〉
第1章 朴政権の崩壊は「前近代国家」の典型だ
第2章 そもそも、近代化とはどういうことか
第3章 中韓で腐敗がとまらない歴史的な構造
第4章 近代化を阻害した中華思想という「阿片」
第5章 仏教を「戦略的」に活用した大和朝廷
第6章 律令制を取り入れ、そして捨てた日本人
第7章 江戸時代に近代化の準備は完了した
第8章 儒学の台頭に惑わされなかった日本
第9章 「明治維新の奇跡」は歴史の必然である
終章 「前近代国家」に囲まれた日本よ、生き残れ

 

内容(「BOOK」データベースより)
朴槿恵政権の崩壊は「必然」だった―。「近代化の本質」を知れば、中韓がいまだに前近代国家のままで、日本だけが「明治維新の奇跡」を起こせた理由もよくわかる。日中韓の壮大な歴史を読み解きつつ、彼我の決定的な差を鮮やかに描く!