ベトナム人(不法滞在、不法就労、在留カード偽造)と、ブラジル人(窃盗)の犯罪を紹介

 

記事を3つ紹介。

 

※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000546-san-soci

ベトナム人不法就労させた疑い 清掃管理会社会長を書類送検 大阪府警
産経新聞 2/27(月) 16:51配信

 不法滞在ベトナム人働かせたとして、大阪府警摂津署は27日、入管難民法違反(不法就労助長)容疑で、大阪市淀川区西中島の清掃管理会社「関西ホテルメンテ」会長の男(77)=兵庫県芦屋市=と、法人としての同社を書類送検した。

 

 送検容疑は昨年9~11月、不法残留の状態だったベトナム籍の男を同社のホテル清掃員として就労させたとしている。「従業員の管理が甘かった」などと容疑を認めているという。

 

 また、不法滞在して在留カード偽造したなどとして、同法違反容疑ベトナム籍21歳と23歳の逮捕。23歳の男に自分の在留カードを提供したとして、同法違反容疑ベトナム籍25歳の男書類送検した。

 

次もベトナム人の記事。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00007921-houdouk-soci

同僚のベトナム人同士が争い1人死亡
ホウドウキョク 2/26(日) 9:27配信

埼玉・小川町で、ベトナム人の男が、同僚のベトナム人男性包丁で切りつけて、現行犯逮捕され、男性はその後、死亡した。
25日午前0時半すぎ、小川町飯田の会社の寮で、ベトナム人のブオン・ゴック・ドー容疑者(31)が、同僚でベトナム人のレバン・トゥーさん(29)を包丁で切りつけ、殺人未遂の現行犯で逮捕された。
トゥーさんはその後、死亡し、警察は、殺人容疑に切り替えて調べている。

 

やはり、ベトナム人の犯罪が、増えているようだ。

 

過去記事。 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

次は、ブラジル人。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000526-san-soci

「ハイエース」盗のブラジル人逮捕 200台以上関与か
産経新聞 2/23(木) 13:55配信

 乗用車「ハイエース」を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗容疑で、ブラジル国籍住所不定、無職キムラ・ダ・シルバ・パウロ・セルジオ・ハクイテ容疑者(39)逮捕した。「覚えていない」と容疑を否認している。

 

 逮捕容疑は昨年4月20日、埼玉県越谷市内の駐車場で、現金約1万円と工具などが積まれたハイエース(約150万円相当)を盗んだとしている。

 

 捜査3課によると、キムラ容疑者はハイエースや高級車などを狙った窃盗グループの一員で、平成26年1月以降に東京や千葉など6都県で200台以上の犯行に関わったとみられ、調べを進めている。

 

外国人には、注意が必要だ。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

ぼくはいつも隠れていた―フィリピン人学生不法就労記

ぼくはいつも隠れていた―フィリピン人学生不法就労記

 

内容(「BOOK」データベースより)
フィリピン人出稼ぎ労働者のメッカ、横浜・寿町で、不法就労者として暮らした日々を綴った異色のノンフィクション。毎朝立ちんぼをして3K仕事をもらい、警察や入管におびえながらその日暮らしを送る。そして色男のロメロ、「コトの女王」マーギー、暴れ者のミゲル、大学まで出ながら娼婦になった頭のおかしいダニーなど、コトブキの住人たちとつきあううちに、彼らが日本にやってくるのは、貧困から抜けだすためではなく、もっと金を稼ぐため、より豊かな暮らしとステイタスを手にするためだということを知る。「コトは楽園」と言うとおり、コトブキの生活には奇妙な自由さがあった。