フランスで「黒人の暴動」が止まらず逮捕者37人!これが移民政策の「末路」

 

抗議活動が起きれば、暴動が起きるというのは、パターンだろう。

 

※ 赤字・太字は、管理人による。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000044-jij_afp-int

警官による黒人男性性的暴行、抗議が暴動に 37人逮捕 フランス
AFP=時事 2/13(月) 20:10配信

【AFP=時事】フランスのパリ(Paris)郊外警察官警棒を用いて黒人男性(22)に性的暴行を働いたとされる事件に対して発生した抗議行動暴動に発展し、12日までに37人が逮捕された。

 

f:id:imingaikokujin:20170214212321j:plain

【関連写真】暴動によって店内が荒らされたスーパー

 

 抗議の対象となっている事件は今月初旬、「テオ」という名のみ公表されている被害者の黒人男性がパリ郊外のオルネー・スー・ボア(Aulnay-sous-Bois)で警官らに拘束された際、激しい暴行を受けたもの。テオさんは手術が必要なほど激しい傷肛門に受けたという。事件に関与した警官のうち1人性的暴行の罪で、他3人暴行の罪起訴されている。

 

 事件現場に近いボビニー(Bobigny)の裁判所前では11日、およそ2000人が被害男性のために正当な裁きを求め、デモを行っていた。抗議行動は当初、平和裏に行われていたが、後に一部警察と衝突暴徒化車や店舗、公共物など破壊した。警察「数百人」が「暴力行為や破壊行為」を行った非難している。

 

これが、移民を受け入れた国のたどる「末路」だ。

 

2000人がデモを行い、数百人が「暴徒化」している。

 

日本も、このままでは、このような暴動が起きるだろう。

 

他人ごとではない。あなたの家の近くで、起こるかもしれないのだ。

 

記事の続き。

 一方、この暴動で、燃える車閉じ込められた幼い女の子を16歳のデモ参加者が救い、ソーシャルメディアで英雄としてたたえられるという出来事もあった。

 

もはや、「燃える車」という時点で、「異常」なのだ。

 

英雄がどうとかいう話ではない。

 

デモがなければ、このような事態も生じていない。論点がズレている。

 

記事の続き。

 今回の警官による黒人男性への暴行事件をめぐりパリ北郊ではこの1週間、抗議行動続いている警察との衝突毎夜起きており、抗議開始からこれまでに約50人が逮捕されている。また抗議行動はマルセイユ(Marseille)やナント(Nantes)などフランス各地でも行われている。

 

 パリ郊外の移民が多く住む地域では、若い男性を標的とした強引な職務質問や行き過ぎた取り締まりなど警察への不満が長らくくすぶっており、今回の事件がそうした怒りを再燃させている。【翻訳編集】 AFPBB News

 

こういう事件が頻発しているのに、日本でも移民を受け入れろというヤツラは、何を考えているのか?

 

日本が混乱に陥るのを望んでいるとしか考えられない。

 

〈アマゾンへのリンク〉

DHC 20日アスタキサンチン 20粒(6.4g)

DHC 20日アスタキサンチン 20粒(6.4g)