読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


「経営・管理」ビザを悪用する「偽装起業家」などの事例が多発!やりたい放題の「不良外国人」!

 

あふれかえる不良外国人に、食い物にされ続ける日本。 

 

本当に、このままでいいのか。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000065-san-soci

外国人起業家向け在留資格 滞在者、過去最多2万人超
産経新聞 1/29(日) 7:55配信


 ■ダミー会社でビザ→偽造カード詐欺

 

 ■申請ノウハウ出回り→代筆闇業者も

 

 2万人を突破した「経営・管理」資格での在留。日本で起業する外国人が増えたのと同時に、実体のない会社設立して不正に滞在するケースが確認されている。警視庁が昨年摘発した中国人詐欺団のメンバーも、資格を不正に入手して日本にとどまる“偽装起業家”だった。警視庁幹部は「不良外国人受け皿になりかねない」と指摘する。(安里洋輔)

                   ◇

 ◆不自然に並ぶ表札

 

 都内の住宅地にたたずむ古びたアパート。一見何の変哲もない建物で、玄関先にある集合ポスト異彩を放っていた。「○○合同会社」「株式会社××」。ポストには会社の名前らしき表札が並ぶ。

 

 警視庁幹部は「多くが『経営・管理』の在留資格不正取得するために作られた実体のないダミー会社だ」と語る。

 

 これらの一部は昨年9月下旬、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊が摘発した詐欺事件に関与した中国籍の男(21)=当時=が作ったダミー会社だ。

 

 平成26年4月に留学生として来日した男は、入管当局の目をごまかしてビザの入手に成功する一方で、仲間とともに犯罪に手を染めた

 

 捜査関係者によると、事件は28年1月から5月にかけて発生。男らは偽造カードを使って都内各所のドラッグストアやコンビニでたばこなどをだまし取る犯行繰り返していた

 

 組特隊はこの事件で、男を含めたいずれも中国籍の男女6人詐欺容疑などで逮捕。うち3人が男と同様に経営実体のない会社設立する手口で、「経営・管理」の在留資格得ていたとされる。

 

 ◆割合が高い中国人

 

 「経営・管理」の在留資格を得て日本に滞在する外国人数で国別の最多だったのは中国。25年に資格を得て都内にネイルサロンを開業した同国出身の女性(40)は「まじめに働いて事業が順調であれば帰化への道も開ける」と語る。

 

 ただ、入管の審査すり抜けて不正に資格を得ようとする者も後を絶たず「不正行為が発覚するのも中国人の割合が高い」(捜査関係者)という。

 

 「ビザ申請のお手伝いをします」「成功率高」-。

 

 在日中国人向けの情報紙には、入管への在留資格の申請業務の代行をアピールする行政書士法人弁護士事務所広告目立つ

 

 「中には、依頼者が不正を働くことを知りながら申請業務を請け負う悪質な業者もいる」(同)

 

 関係者によると、一部の中国人の間では、申請のために入管に提出する文書の書式や申請のノウハウ出回っており、起業を偽装するための文書代理で書く「代筆屋」と呼ばれる闇業者までいるという。

 

 捜査幹部は「不正を助長する仕組みができあがりつつある。不良外国人が日本に流入する際の受け皿になりかねない」と危機感を募らせている。

 ※ 赤字・太字は、管理人による。

 

記事中で、「在日中国人向けの情報紙には、入管への在留資格の申請業務の代行をアピールする行政書士法人弁護士事務所広告目立つ」とある。

 

「黒転白」を御存じだろうか。

 

要するに、「違法を合法にする」という意味。

 

字面で何となく分かると思うが(笑)

 

もう少し丁寧な説明はこちら。

http://www.dailyshincho.jp/article/2016/08120550/?all=1

黒転白とは、日本人や永住者と結婚した不法在留者が入管に自ら出頭し、一発逆転して合法的に滞在する『特別在留』資格を狙うこと。不法から合法に変わるから、中国語で『黒転白』というのです 

 

この過去記事の最後の方にも、記載している。 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

とにかく、ロクでもない行政書士事務所や、弁護士事務所も多い。

 

「弁護士」というだけで、簡単に信用してしまう人もいると思うが、態度を改めた方がいい。

 

弁護士「嘘をつく」のは日常茶飯事であり、もはや、それが「仕事」だ。

 

簡単に信用しては、絶対にいけない。

 

☆☆☆

 

この「経営・管理」(以前は、「投資・経営」という名称だった)の在留資格については、問題が多い。

 

管理人も経験がある。

 

ほとんど何も活動せずに、ブラブラしていたり(もしかすると、こっそり違法なことをして、何らかの収入を得ていたのかもしれないが)、不法就労の隠れ蓑にしていたり・・・。

 

本当に、何とかならないのか。

 

☆☆☆

 

問題なのは、入国管理局が書類審査ばかりで、現場まで見に行くことが、ほとんどないということ。

 

書類だけでの審査で、分かるわけがないのだ。

 

まあ、書類審査ばかりになっている一因として、入管の人員不足が挙げられるだろう。

 

現場まで見に行くヒマがないのだ。

 

政府も、警察と入管への「人員」と「資金」を、手厚くしないと、どんどん日本がおかしくなってしまう。

 

こんなおかしな外国人が、最後には、日本に帰化してしまうのだ。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

誰も言えない国家論

誰も言えない国家論