「インド人学生」のビザ要件を緩和!変なヤカラも多いから、レイプなどの犯罪に気をつけて!

 

また、日本人被害者が増えるのでは・・・。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000074-mai-pol

<インド人学生>ビザ要件を緩和 2月から
毎日新聞 1/16(月) 21:17配信

 菅義偉官房長官は16日の記者会見で、インド人学生に対する査証(ビザ)発給の要件を2月1日から緩和すると発表した。インドの大学、大学院に通う学生や卒業後3年以内の卒業生が対象。

 

 インド人学生が観光や短期留学などで訪日する場合、これまでは銀行の残高証明など経済力が確認できる書類必要だったが、今後在学証明書卒業証明書代替できるようになる。昨年11月に安倍晋三首相とモディ首相が署名した日印共同声明に盛り込まれていた。

 

 菅氏は会見で「日本とインドの若年層の人的交流が一層促進されることを期待する」と述べた。【田中裕之】

 ※ 赤字・太字は、管理人による。

 

はあ・・・ため息が出る。

 

インドみたいな、社会インフラが整っていない国は、「書類の偽造」や、「賄賂による書類の発行」が、頻繁にある。

 

卒業証明書など、いくらでも偽造できる。

 

中国がいい例だ。

 

だいたい、インドでは、テストのカンニングをするために、学校の壁に、何十人もの親がよじ登って、テスト中にカンニングペーパーを渡してしまうような国だ。

 

あまりの人数の多さに、監視員は対応しきれない。

 

昨年の一時期、日本の朝のワイドショーなどで、このよう映像が何度か流れていたが、見たことがないだろうか?

 

インド(人)は、問題が多すぎる。

 

まず、貧富の格差がスゴイ。家にトイレすらない人が4~6億人もいる。 

 

そのせいで、衛生状態が悪く、バタバタ人が死んでいる。

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

また、カースト制度や、それに基づく価値観(ものすごい!!)が、非常に暗い影を落とす。これを分かっている日本人は、ほとんどいないと思われる。

 

この価値観から、残虐事件頻繁に起こる。

 

カーストが低い者や、異教徒には、何をしてもいいのだ。

 

そして、インドは「レイプ大国」という異名がある。

 

異教徒の女性日本人女性を当然含む)は、ある意味、ポイ捨て対象だ。

 

すでに、多くの日本人女性が、被害にあっている。 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

 レイプ大国である「理由」についての記事。

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

「日本国内」での事件。 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

いろんな国の女性が被害に。 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

  

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

1/17 レイプ事件の記事を追加。 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

☆☆☆

 

安倍内閣は、いろいろと頑張っているが、外国人政策に関しては「ユルユル」だ。

 

技能実習生も、枠をどんどん広げているし・・・。 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

  

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

  

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

他にも、違法な「出稼ぎ留学生」が、大量に日本に来ている。

 

今日は、リンクを大量に貼ってしまったので、もう貼らないが、この点については、過去にいくつも紹介した「西日本新聞」の記事が詳しい。

 

とにかく、将来的に、本国に帰ってくれればいいが、必ず、違法なことをしてでも日本に居すわるヤカラがいるから、本当に困る。

 

こういうヤカラは、犯罪者(不法滞在・不法就労)のくせに、日本人を引っかけて結婚し、合法的なビザを取得したり、最終的には日本に帰化してしまう。

 

用済みの日本人は、ビザが取れた段階で、ポイ捨てだ。

 

何とかならないものか。

 

そのうち、南米大陸の民族ように、日本民族は混血ばかりとなって消滅してしまうか、または駆逐されてしまうのではないか。

 

昨日、テレビ東京で、池の水を取り除いて、ヘドロ掃除をしたり、外来生物を駆除する番組があったが、日本固有種は、外来生物に食い尽くされていることが多かった。

http://www.tv-tokyo.co.jp/information/smp/2017/01/13/197713.html

「緊急 SOS!危険生物から日本を守れ!全国一斉大調査」

 

その他、管理人が知っている事例としては、京都のオオサンショウウオは、中国からの外来種と交雑(混血)してしまって、もはや在来種(日本固有種)は絶滅寸前だ。

http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/05/kamogawa-japanese-giant-salamander_n_5559502.html

 

日本の将来を暗示しているようで、ゾッとした管理人であった。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

インドの正体―好調な発展に潜む危険

インドの正体―好調な発展に潜む危険

 

 内容(「BOOK」データベースより)
驚異の経済成長、地理的優位、民主国家、親日、勤勉、先進IT技術…想像を絶する格差社会、根強いカースト、泥沼の宗教問題、拝金主義、男女格差…現地徹底取材。