読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


「不法就労」外国人が急増中!場所は「茨城・千葉」、内容は「農業」が最多に!

 

もう、外国人(発展途上国出身)の入国は、ある程度、制限した方がいいのでは?

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000056-mai-soci

<不法就労>農業従事の外国人急増 目立つ茨城・千葉
毎日新聞 1/13(金) 15:01配信


 農業従事する不法就労外国人急増していることが法務省のまとめで分かった。2012年592人だったのが、15年には1744人3倍になり、職種別で初めて最多になった。16年上半期だけ1070人不法就労確認されており、入国管理局取り締まり強化している。

 

 法務省によると、16年上半期入管法違反退去強制手続きをとった外国人は6924人(前年同期比1161人増)。このうち不法就労が確認されたのは4711人おり、約22%に当たる1070人農業に従事していた。

 

 12年の不法就労者の就労内容は、工員が最も多く、農業従事者は全体の6・6%だった。農業従事者はここ数年で急増傾向にあり、15年は全体の21・9%を占める1744人と、建設作業者(1638人)、工員(1342人)を抜いて最多となった。

 

 都道府県別不法就労増加目立つのは茨城千葉両県。法務省が統計を取り始めた1991年から東京都が最多だったが、15年両県抜いた。16年上半期も茨城が1037人、千葉が764人、東京が660人--の順だった。不法就労者の国籍別では中国がトップで、ベトナムタイフィリピンと続く。

 

 背景には、政府アジア各国に対しビザの発給要件緩和していることのほか、国内の農業の人手不足があるとみられる。法務省幹部は「茨城や千葉に集まるのは東京からのアクセスの良さ理由だろう。不法残留者同士情報交換をして待遇の良い就労先集まっている。農家側にとっては外国人は繁忙期に限って雇用できるメリットがある。需要と供給が一致しているようだ」と話している。【鈴木一生】

 ※ 赤字・太字は、管理人による。

 

不法就労が増えているのは、やはり、「アジア各国に対しビザの発給要件緩和している」のが、原因だろう。

 

短期(旅行)ビザでフラッと来日し、行方をくらまし、そのまま「不法滞在(オーバーステイ)」と「不法就労」。

 

典型的なパターンだ。

 

こういう奴らでも、日本人をひっかけて結婚まで持ち込み、「永住者」ビザを取得したり、最終的に帰化して日本人になってしまうことがある。

 

まあ、そして、用済みの日本人は捨てられる(笑)

 

日本と日本人は、不良外国人にとって、単なる獲物というか、カモネギだろう。

 

☆☆☆

 

入管は、取り締まりを頑張っているようだが、まだまだ足りないと思う。

 

人員が、かなり不足しているからだ。 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

政府は、人員の増加を急がなければならない。

 

経済ばかり優先させると、どこかで、ひずみが生まれる。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

東京じゃらんじゃらん―23歳マレーシア娘のニッポン不法就労日記

東京じゃらんじゃらん―23歳マレーシア娘のニッポン不法就労日記

 

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)
入管法違反は百も承知、見つかりゃ本国強制送還、それでもワタシはダイジョーブ!ガッツとパワーとバイタリティで大都会TOKYOを歩き回ったイリーガルな日々。

 

内容(「MARC」データベースより)
ニッポン大好き、マネー稼ぐよ! 入管法違反は百も承知、見つかりゃ本国強制送還、それでもワタシはダイジョーブ! ガッツとパワーとバイタリティで大都会TOKYOを歩き回った、23歳マレーシア娘の不法就労日記。