読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


外国人を「違法」にパブ(風俗店)で働かせた経営者を逮捕!

 

本当は、かなり多いはずなのだが、あまりニュースになっていない気がする。


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170113-00000072-nnn-soci

就労資格ないのに働かせ…パブ経営者逮捕
日本テレビ系(NNN) 1/13(金) 19:08配信

 

 東京・文京区でパブを経営する中国人の女ら逮捕された。

 

 警視庁によると、入管難民法違反の疑いで逮捕された文京区湯島の「Pub風鈴」の店長・張頴容疑者(36)ら2人は、去年10月から3か月間、就労資格のない中国人の女2人違法に働かせた疑いが持たれている。パブで働いていた従業員の女2人逮捕された。

 

 調べに対し、張容疑者は「2人は従業員ではない」などと容疑否認しているという。警視庁は、店が2009年からこれまでに約7800万円を売り上げたとみて調べている。

※ 赤字・太字は、管理人による。

 

今回は、「就労資格がない」人を働かせたということで、店の経営者が逮捕されている。

 

これとは別に、「就労資格がある」人でも、その就労の範囲には、制限がある場合がある。

 

「技術・人文知識・国際業務」の在留資格の人は、単純労働をしてはいけないし、パブなどの風俗関係の仕事をしてもいけない。

 

また、留学生等で、「資格外活動許可」を受けて、アルバイト等している人も、風俗関係の仕事をしてはいけない

入管の「資格外活動許可」のページ参照。

http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/zairyuu/shikakugai.html

 

風俗関係の仕事をしてもいいのは、「特別永住者」「永住者」「日本人の配偶者等」「定住者」の在留資格など、限られている。

 

したがって、かなり限られているはずなのだが、実際は、多くの外国人が、風俗関係の仕事に従事している。 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

まあ、違法に働いている場合が多いのだろう。

 

警察・入管は、ガンガン取り締まらないと、不良外国人で、日本はあふれ返ってしまう。

 

そもそも、勉強ではなく、就労を目的とした「出稼ぎ留学生」が増加している。

 

「出稼ぎ留学生」に関する過去記事をいくつか。

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

  

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

  

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

  

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

こういう奴らは、手っ取り早く稼げる風俗店で、アルバイトしがちだ。

 

みなさんも、不法就労者や、不法就労させている経営者や店舗等を見つけたら、警察や入管に通報を。

 

入管の通報先。

http://www.immi-moj.go.jp/zyouhou/

 

〈アマゾンへのリンク〉 

日本人が知らない韓国売春婦の真実

日本人が知らない韓国売春婦の真実

 

商品の説明

内容紹介

なぜ韓国は「世界一の売春大国」になったのか? 韓国売春婦たちが続々と日本にやって来るのはなぜなのか?
『名前のない女たち』シリーズで企画AV女優たちを入念に取材した中村淳彦氏が、近年の嫌韓・反韓のキーワードにもなっている韓国の「売春」事情に迫ります。
売春産業に従事する女性は推計37万人、韓国国内での売買春逮捕者は年間最大7万6000人、海外遠征する売春婦は約10万人で、そのうち5万人が日本へ……
など衝撃のデータを冷静に分析し、日本の性風俗産業と徹底比較。
ソウル、東京・鶯谷での現地取材を通して描く女性たちのリアルと、韓国という国家のダークサイドを暴きます。


<目次>

第一章 タコ部屋のアガシたち
二四時間体制で客をとる
寮に山積みのピルとコンドーム
韓国デリヘル専門の白タク業者
女の子たちは韓国人ブローカーの手引きで来日
ヤリ逃げ、強盗、盗撮——悪質な客が横行

 

第二章 韓デリの聖地——鶯谷
全国の韓国デリヘルの一四・六パーセントが鶯谷に集中
霊園を越えて、韓国デリヘルの聖地へ
治外法権の街
男性客の集客に“本番"は不可欠
韓国デリヘル嬢のサービスは濃厚で情熱的
推定七〇代のポン引きお婆さん
韓国デリヘル嬢の収入を試算してみる

 

第三章 韓国ソウルの売春風景
現地調査のためソウルへ発つ
弱者切り捨ての社会
最先端ショッピングモールと併存する置屋街
韓国の性風俗産業1 伝統型
韓国の性風俗産業2 産業変種型
韓国の性風俗産業3 新興型
韓国の売春従事者はどれくらいいるか
非正規雇用から専業風俗嬢に転身した二五歳女性の話
売春歴七年以上の二九歳女性の話
性売買特別法で摘発されたオフィステル経営者の話

 

第四章 性売買特別法をめぐる混乱と対立
日本の性風俗店を取り締まる二つの法律
性売買特別法による逮捕者は四年弱で一三万人
性売買特別法制定のきっかけとなった群山火災事件
韓国人性労働者たちの“売春させろデモ"
性売買特別法に反対する集会に参加してみた
警察が撮影した証拠映像がサイトに投稿

 

第五章 日本における韓流風俗の変遷
来日目的は“留学"から“金稼ぎ"へ
「高級韓国クラブ」と「韓国パブ」の違いとは
「韓国エステ」から「韓国出張」の時代へ
横行する人身売買
国力に差のない隣国で売春する疑問

 

第六章 中国朝鮮族——「偽装韓国人」の実態
延辺朝鮮族自治州に潜伏する脱北者たち
偽札が横行する無法地帯
脱北者が「韓国人」となって来日するカラクリ
中国朝鮮族が「韓国人」を名乗る理由
一回の売春で得る金は、祖国の月収分に匹敵

 

内容(「BOOK」データベースより)
バレたら生きていけない、匿名「37万人」女性のリアル。ノービザで5万人が日本で活動。暗躍するブローカー、増殖する韓国系風俗店。韓国人になりすます中国朝鮮族の実態。