年始に報道された外国人犯罪(殺人・密輸)を紹介。中国人・台湾人・アメリカ人

 

産経新聞の記事を、3つ紹介。

 

※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。

http://www.sankei.com/west/news/170102/wst1701020031-n1.html

2017.1.2 19:41
ホテル客室に女性遺体 殺人容疑で中国籍の20歳男を逮捕 愛知・豊川

 

 愛知県豊川市のホテルの客室若い女性の遺体が発見された事件で、県警豊川署は2日、殺人の疑い中国籍の男(20)逮捕した。同署によると「間違いない」と容疑認めている

 

 逮捕容疑は、昨年12月31日から1月2日までの間に、豊川市豊川町仁保通のビジネスホテル「ホテルクラウンヒルズ豊川」の客室で、中国籍の技能実習生、王雅男さん(18)=同市二葉町=を殺したとしている。

 

 同署によると、王さんはベッドの上に倒れていた。退室時間を過ぎてもチェックアウトしなかったため、従業員が部屋を訪れ発見した。

 

 ホテルはJR豊川駅近くにあり、日本三大稲荷の一つとされる豊川稲荷の東約500メートルに立地している。

 

次の記事。 

http://www.sankei.com/west/news/170105/wst1701050065-n1.html

2017.1.5 19:25
覚醒剤2キロ体に巻き付け密輸、台湾人の男を逮捕

 

 関西国際空港に覚醒剤約2キロ(末端価格約1億4千万円)密輸したとして、大阪府警薬物対策課と関西空港署は5日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、台湾籍で、自称・青果店経営の陳方建容疑者(45)を逮捕送検したと発表した。大阪地検が同日、同罪で起訴した。

 

 起訴状によると、陳被告は何者かと共謀のうえ、昨年12月15日、関空で、覚醒剤約2キロを腹部や脚巻き付け、密輸したとされる。

 

 府警や大阪税関によると、陳被告は同日、台湾の桃園空港から関空に到着。税関検査で、衣服の下に、覚醒剤を14個の袋に分けて粘着テープなどで巻き付けていたことが発覚した。調べに対し、「税関検査を受けるまで巻き付けられたこと知らなかった」などと容疑否認しているという。 

 

「税関検査を受けるまで巻き付けられたこと知らなかった」なんて、そんな訳ないだろ(笑)

 

最後の記事。

http://www.sankei.com/affairs/news/170105/afr1701050018-n1.html

2017.1.5 16:36
大麻キャンディーを密輸、米国籍の男再逮捕 「痛み止めに使うつもりだった」

 

 大麻の成分を含むキャンディー208本密輸したとして、神奈川県警と長野県警などは5日、大麻取締法違反(輸入)容疑で、米国籍自称飲食店従業員、ライアン・ホワイト容疑者(36)を再逮捕した。

 

 再逮捕容疑は昨年11月、乾燥大麻約7.5グラムキャンディー計約1.5キロ航空小包郵便密輸したとしている。

 

 神奈川県警によると、「痛み止めに自分で使うつもりだった」と容疑認めている

 

 県警や横浜税関によると、川崎外郵出張所の検査で発見。県警が泳がせ捜査を実施し、昨年12月15日、滞在先の長野県野沢温泉村の知人宅で小包を受け取ったため、麻薬特例法違反(規制薬物所持)容疑で現行犯逮捕していた。

 

「痛み止めに自分で使うつもりだった」なんて、これも、そんな訳ないだろ(笑)

 

本当に、どこの国も、ロクでもないやつはいるが、「日本に来て犯罪を犯すな」と言いたい。

 

警察・入管・税関は、大変だと思うが、頑張ってほしい。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

メキシコ麻薬戦争: アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱

メキシコ麻薬戦争: アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱