読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


日本の「医療保険」を悪用する中国人!日本は不良外国人にとって、天国だ!

 

日本を食い物にする外国人。

 

中国人が多いのは御存じのとおりだが、バングラデシュ人、ネパール人など、最近は、どいつもこいつも、という感じだ。

 

※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。
http://www.sankei.com/affairs/news/170106/afr1701060007-n1.html

2017.1.6 09:40
国保悪用の外国人急増も…発覚は氷山の一角 
(1/2ページ)


 日本の公的医療保険制度外国人悪用されている問題について、複数の医療関係者は「悪用されているのは国民健康保険だけではない。明るみに出ているのは氷山の一角だ」と指摘する。「医療ツーリズム」の進展により、日本で医療を受ける外国人の増大が今後も見込まれる中、医療機関以外も含めた関係機関の連携や、ビザを発行する水際での対策が必要となりそうだ。

 

 中国語で「肝炎」「ハーボニー(C型肝炎の治療薬)」「日本」などのキーワードを打ち込むと、「安価で治療が受けられる医療機関を紹介する」などとうたったブローカーサイトいくつも出てくるという。ある医療関係者は「外国の資産家は米国で医療を受ける。通常の医療はアジアの近隣国で受ける。日本医療保険のおかげで先進医療安く受けられるため、そこ狙われている」と話す。

 

 例えば12週間の投与で9割以上の治癒率を誇る「ハーボニー」は、1錠約5万5千円と高額だ。12週の薬剤費だけで470万円ほどかかるが、国の肝炎医療費助成制度を使えば患者の自己負担月1万~2万円となる。

 

 また、医療保険加入者の約3割を占める「協会けんぽ」(中小企業の従業員らが加入)でも、悪用横行していると指摘されている。

 

数字の書き方が悪くて、分かりにくい。

 

12週の薬剤費が470万円。470万円を1錠5万5千円で割ると、約85錠となる。

 

なので、470万円というのは、約85錠使った時の値段。

 

そして、12週(3か月)というのは、7を掛けて84日間。

 

要するに、1日1錠飲み、12週(3か月)で、費用が470万円かかるということだろう。

 

これが、国の制度を利用すると、患者の自己負担が、月1~2万円だから、12週(3か月)で、約3~6万円で済むという話だろう。

 

これは、すごい違いだ。

 

続き。

http://www.sankei.com/affairs/news/170106/afr1701060007-n2.html

(2/2ページ)

 協会けんぽでの審査は事業所のある日本年金機構の各年金事務所が行い、支払いなどの運営は全国健康保険協会が担っている。海外にいる外国人も条件を満たせば扶養親族として健康保険入れることができるため、医療関係者は「中小企業で働く中国人らが、故郷にいる親扶養家族にした上で日本で治療させる例が多い」と打ち明ける。

 

 ただ、こうした事例は、発覚しているもの以外にも相当数あるとみられている。中国では親子であっても名字異なることが多い上、「中国国内親子関係の証明書偽造できる」(医療関係者)ため、不正証明することが困難だからだ。

 

 さらに、日本の医療機関にとっても、自費診療で高額な治療費回収できない事態になるよりは、保険料から確実に回収できる方が望ましいという事情がある。

 

 小規模な医療機関などでは被保険者の資格詳しく調べることは難しく、「仮に受診を断ったとしても、患者は別の医療機関に行くだけ」(同)という。 

 

日本は、本当に外国人に甘い。

 

最近ようやく改正されたのだが、住民税や所得税といった税金でも、外国人は、やりたい放題だった。

 

本国の家族を、何人も扶養家族として登録し(証拠書類の提出なし!)、税金を低く抑えることが横行していた(非課税になることも多かった)。

 

自分の両親だけではなく、4人の祖父母、さらに妻の両親など、「それ、絶対にウソだろ」という事例が、あふれ返っていた

 

最近、ようやく、海外送金資料を提出しなさいなどと、改正したようだが・・・。

 

改正後の資料

https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/kokugaifuyou_leaflet.pdf

 

本当に、日本は、いい加減に目を覚ませ!と言いたい。

 

〈アマゾンへのリンク〉

来日外国人犯罪

来日外国人犯罪