ドイツのテロで実証されたか!?通称名や二重国籍(多重国籍)の問題点

 

同じドイツでのテロの記事であるが、これだけは、別の記事として紹介。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00050108-yom-int

独トラックテロ、容疑者六つの偽名使い分け
読売新聞 12/22(木) 20:38配信

 【ベルリン=井口馨】ドイツのベルリンで起きたトラックテロ事件で、独検察当局は21日、チュニジア人のアニス・アムリ容疑者(24)を実行犯とみて公開捜査に乗り出した。

 

 独DPA通信などによると、同容疑者少なくとも六つの偽名使い分けエジプトレバノン国籍名乗っていた。周到に計画された犯行だった可能性もある。

 

 当局は同容疑者の写真を公開し、拘束につながる情報に10万ユーロ(約1200万円)の懸賞金をかけた。武装して逃走している可能性があり、当局は市民に警戒を呼びかけている。

 

 デメジエール独内相は22日、クリスマス市に突入したトラックの扉から、同容疑者の指紋が検出されたと語った。同容疑者が実行犯である可能性が一段と濃くなった。独有力誌シュピーゲル(電子版)によると、同容疑者は数か月前から自爆攻撃を計画していたという。公開捜査を受け、メルケル首相は22日、「逮捕が近いことを望んでいる」と述べた。

※ 赤字・太字は、管理人による。

 

通称名の使用や、二重国籍(多重国籍)の問題点は、このように、犯罪利用されてしまうことだ。

 

日本においても、通称名の禁止や、二重国籍(多重国籍)をキチンと解消させる等、しっかりとした対策が望まれる。 

在日特権と犯罪

在日特権と犯罪