読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


日本で増え続ける「移民」!急増する外国人に、トラブルも増加。

 

いわゆる「移民」(長期間、日本で暮らす外国人)が増加し続けているという記事の紹介。九州での事例。

 

以下、全ての記事の、赤字・太字は、管理人による。なお、記事中で元々太字だった部分は、アンダーラインで表示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00010000-nishinpc-soci

香辛料の香り、聞き慣れない音楽…都市の隅に外国人村 時に摩擦、寄り合いも
西日本新聞 12/17(土) 8:20配信

 

 真新しいマンションや古びたアパートが混在する福岡市南区の住宅街。一角にある約300メートルの細い路地を夕暮れ時に歩くと、褐色の肌をした外国人頻繁にすれ違う

 

  ネパール人やベトナム人が多い。彼らが主に暮らす3棟のアパートは、住人の大半外国人。中廊下を歩くと香辛料の香りが漂い、聞き慣れない音楽が漏れ聞こえる。日本人の住民たちは、いつしかこの通りを「国際通り」と呼ぶ。

 

44部屋に60人以上の外国人が住む

 

 築39年の2階建てアパートの1階には、「KYODAI」と書かれた看板がある。ネパール人向けの食材調達からアパートの紹介まで、何でもこなす「よろず相談所」だ。

 

  別の築33年の3階建てアパートは、44部屋60人以上外国人が住む。一室を訪ねると、洋室6畳とキッチン3畳の間取りに、ベトナム人の男性留学生2人が暮らしていた。

 

  洋室は布団2枚を敷くとほとんどスペースはなく、ベランダにぎっしりと干された洗濯物がカーテン代わり。昨年4月に先輩の紹介で入居したベトアンさん(24)は「古くて汚れているけど、安いのが魅力」。家賃の2万3千円を折半している。

 

  管理会社によると、このアパートは当初、日本人の学生や若い会社員が入居した。2000年ごろから空室が目立ち、外国人を入居させ始めた。連帯保証人も必要なく、敷金や礼金もゼロ。入居者の8割以上が日本語学校の留学生という。

 

  同様の現象は、福岡市東区博多区にも広がっている。都会の片隅に、小さな異国の村ができている。

 

「住民からの苦情が絶えない」

 福岡市南区に住む外国人は8月現在4658人で、09年に比べ1・5倍。中国人が減る一方、ベトナム人やネパール人が増え、それぞれ千人を超えた。近くに日本語学校があるためとみられ、外国人留学生は約1400人に上る。

 

  急激な変化戸惑いを隠せない日本人の住民も多い70代の女性は「差別はいけないけど、ぞろぞろと歩いていると気味が悪い」。

 

  地域との摩擦も生まれている。「毎年外国人がどんどん増え、正直なところ住民からの苦情が絶えない」と地元の自治協議会の山口英則会長(75)は明かす。

 

  トラブル文化生活の違い原因となるケースが多い。ネパールにはごみ分別の習慣がなく、清掃車が回収しないため、カラス食い散らかしてしまう。アパートには、ネパール語でごみ分別の方法を書いた看板がある。

 

  共存を目指す動きもある。福岡市南区は昨年から「縁むすび事業」として、日本人住民と留学生の交流会を各地域で開いている。

 

「差別はいけないけど、ぞろぞろと歩いていると気味が悪い」、「毎年外国人がどんどん増え、正直なところ住民からの苦情が絶えない」とある。

 

結局、これが日本人の「本音」だ。

 

これは、どうしようもない。

 

まあ、自分の家の周りが、外国人だらけだったら、自分はどう感じるか?

 

身近な問題として、考える必要がある。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00010000-nishinpc-soci&p=2

ネパール人親子とのの草の根の共生が続く

 

 10月、ある公民館で住民約20人がベトナム人留学生16人とちらしずしやベトナム料理の揚げ春巻きを作り、食卓を囲んだ。グエンさん(23)は「これまで住民との交流はなかった。仲良くしていきたい」とほほ笑んだ。

 

  実は「国際通り」周辺は経済的に厳しい1人暮らしの高齢者も多い。9月には、通り沿いの共同住宅で80代の男性が孤独死した。「互いが寄り添える関係になれば、地域にとってもプラスだ」と南区役所の副島信次企画振興課長は言う。

 

  1人暮らしの池田トキ子さん(70)は4~5年前から毎日、国際通りに近いネパール食材店に通う。ネパール人店主の1歳の子どもをあやし、店番に立つ時もある。代わりにネパール料理を教えてもらう。

 

  「持ちつ持たれつで、この店が私の憩いの場。近くで暮らす住民同士、話せば理解し合える」。池田さんとネパール人親子の草の根の共生が続く。

 

取材班から 共に生き、共に働く

 街角で中国語とも韓国語とも異なるアジアの言語を耳にしたり、褐色の肌の人々を見かけたりすることが、九州でもここ数年で急に増えた。実は、その多くは旅行客ではない。

 

  来年1月末に厚生労働省が公表する日本の外国人労働者数(就労する留学生含む)は、初の100万人突破確実視される。九州7県でも計5万人を超える見通しで、特にベトナム人ネパール人は過去5年間で10倍増というハイペースぶりだ。

 

  「いわゆる移民政策は取らない」。安倍晋三首相はそう明言する一方、原則週28時間まで就労可能な外国人留学生を2020年までに30万人に増やす計画や、外国人を企業や農家などで受け入れ、技術習得を目的に働いてもらう技能実習制度拡充を進めてきた。

 

  その結果、国連「移民」と定義する「12カ月以上居住する外国人」増加の一途。国籍や文化の異なる民が同じ地域で共に暮らし、働く、新たな「移民時代」日本迎えている

 

  24時間営業のコンビニで弁当が買え、オンラインショッピングで注文後すぐに商品が届く便利な暮らし。それを支える深夜労働の多くは、アルバイトの留学生が担う。建設や製造、農漁業などの現場では、3K(きつい、汚い、危険)職場を嫌う日本の若者に代わって低賃金で汗を流している実習生も少なくない。

 

  留学生30万人計画も実習制度も、政府の建前は「先進国日本の国際貢献」。だが、人口減と少子高齢化で人手不足が深刻化する日本社会を支えるため、「発展途上国の安価な労働力で穴埋めしたい」という本音が透けて見えないか。

 

  そんな政府の施策には、外国人を共に生きる生活者と捉える視点が欠落し、建前と本音のひずみが、留学生の不法就労や実習生の過酷労働の温床となっているのではないか。

 

  歴史的にも地理的にも文化的にも、九州はアジアから新しい風を受け入れ、地域を活性化させる力を日本中に波及させてきた。西日本新聞の新たなキャンペーン報道「新 移民時代」は、九州で暮らす外国人の実像や、彼らなしには成り立たない日本社会の現実を描く。「共生の道」を読者と一緒に考えたい。

 

◆ご意見や情報をお寄せください

 西日本新聞「新 移民時代」取材班
  imin@nishinippon-np.jp
西日本新聞社

 

やはり、外国人が「かわいそう」という視点が入ってるが、管理人の仕事上の経験としては、そういった事例はあまりない。

 

彼らは、たくましく、貪欲で、ギラギラしていて、違法なことを厭わない事例が多い。

 

そもそも、留学生として来日する外国人は、最初から、「不法」労働目的の者が多い。 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

基本的に、経済界は、安い労働力を欲しがるが、その安い労働力は、近隣住民としては、欲しがられない

 

ドイツのトルコ人移民の記事がある。

http://news.goo.ne.jp/article/natgeo/world/natgeo-20161004113728221.html

 

「労働者としては社会に受け入れられましたが、地域の一員とは見なされていません」と、44歳のアフメト・スーゼンは言う。彼はベルリン生まれだが、父親が属していない社会に完全に溶け込むことはできないと話す。

 

 

差別は良くないが、現実を直視しないと、誤った方向に国が進んでしまう。

 

国民の安全な生活が、守られない。 

移民亡国論: 日本人のための日本国が消える! (一般書)

移民亡国論: 日本人のための日本国が消える! (一般書)