読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


「強制退去」の命令に、従いなさい!遵法精神の低い「不良外国人」たち

 

また、被害者ヅラである。

 

母も子も、「不法滞在者」=「犯罪者」なのに、何の茶番だ。

 

カン違いも、はなはだしい。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000078-mai-soci

<退去強制取り消し訴訟>タイ少年在留、控訴審も認めず

毎日新聞 12/6(火) 20:20配信

 

不法滞在していたタイ人女性(44)ので、日本で生まれ育った甲府市の高校2年男子、ウォン・ウティナンさん(16)が国に退去強制処分取り消し求めた訴訟控訴審で、東京高裁は6日、訴えを退けた1審・東京地裁判決支持控訴を棄却した。小林昭彦裁判長は「原告が地域社会に根付いていたとは言えない。処分は適法だった」と指摘した。母親1審判決後帰国しており、ウティナンさん1人裁判続けていた

 

  判決などによると、母親は1995年に入国。ウティナンさんは母とタイ人の父の間に生まれた。日本を出たことがなくタイ語の読み書きはできない。

 

  地裁は今年6月の判決で「母親は不法就労を続けており悪質」請求を棄却する一方、ウティナンさんについて「国内生活に順応しており、母親に代わる支援態勢が築かれれば、在留特別許可再検討される余地がある」と付言していた。母親は9月に帰国し、ウティナンさんは支援者宅に身を寄せていたが、高裁は判決で1審の付言には触れなかった。

 

  判決後に記者会見したウティナンさん「悔しいし悲しい。僕は最後まで日本にいたい」と話した。今後は在留特別許可再審査請求を含め、日本で暮らせる道検討する。

 

母親ウティナンさんは2013年8月、在留特別許可求めて東京入国管理局出頭したが、約1年後退去強制命令を受けた。

 【伊藤直孝】

※ 赤字・太字は、管理人による。

 

若干めずらしい?気がするが、記事中で、正確な法律用語を使用している。

 

つまり、「退去強制」で正しい。

 

日常用語だと、「強制退去」だが。

 

こういう記事でありがちだが、なぜ、いつもは「家族を大切に」と騒ぎ立てるリベラル派が、母と子を、バラバラに生活させようとしているのか?

 

家族が大切なら、母と子は一緒に「母国タイ」で、生活すればいいだろう。

 

理解に苦しむ。

 

だいたい、この記事の少年が、在留特別許可をもらったら、また、悪質な母日本に呼び寄せるだろう

 

いい加減にしなさい。

 

どこまで、日本を食い物にすれば、気が済むのか。

 

こういう事件の記事は、定期的に出てくるが、日本は甘い顔をしてはいけない。 

 

過去記事。

imin-nanmin-gaikokujin.hatenablog.jp

 

 

こういった不良外国人は、日本中にあふれている

 

しかも、被害者ヅラである。

 

本当に、キリがない。

 

入管や警察は、とにかく頑張ってほしい。 

その存在が犯罪です!  不法滞在者と向き合ってみた…