「ロヒンギャ」とは?日本にとって、第二の「インドシナ難民」になる可能性も。

 

ロヒンギャは、将来的に「日本が受け入れろ」という流れになる可能性がある。

 

過去に、インドシナ難民を受け入れたように。

 

そのため、注意して、ニュースを追いかけた方がいいと思う。

 

簡単に言うと、仏教ミャンマーで、少数派イスラム民族「ロヒンギャ」が弾圧され、難民化しているという話。

 

なお、「ロヒンギャ」は、「ミャンマー西部ラカイン州」に住んでいる。

 

※ 以下、すべての記事の赤字・太字は、管理人による。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000040-san-asia

ロヒンギャ迫害悪化ミャンマー政権に高まる批判 難民越境「数千人」 

産経新聞 11/28(月) 7:55配信

 

 【シンガポール=吉村英輝】ミャンマー西部ラカイン州で、国軍によるイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害深刻化している。「人権弾圧」との国際社会の声背を向けるミャンマー新政権実質的トップアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相への批判高まりつつある

 

  隣国バングラデシュにはロヒンギャの避難民多数流入バングラデシュ外務省は23日、ダッカミャンマー大使に「数千人が越境し、さらに数千人が国境付近に集結している」として事態収拾求めたラカイン州では10月、ロヒンギャとされる武装勢力軍や警察の施設襲撃し、兵士ら十数人が死亡した。ミャンマー政府は、パキスタンなどでテロ組織から軍事訓練を受けた男が数百人の集団を率いて襲撃を実行したとして掃討作戦実施し、「構成員ら約70人を殺害した」としている。

 

  国連は、この混乱ロヒンギャ3万人が家を追われ、ロヒンギャが集中するラカイン州北部への15万人分の医薬や食料支援が40日以上滞っていると批判ロイター通信によると、パワー米国連大使は17日、安全保障理事会の非公開会議でミャンマー政府にこのまま任せるのは危険だ」とし、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)の現地拠点開設を訴えた。スー・チーはこの会議の翌日、米国や欧州連合(EU)などの外交団を呼び、捏造(ねつぞう)された情報で「不当」な扱いを受けていると「怒り」を表明した。

 

  ロヒンギャは、掃討作戦と称して国軍に家屋を焼き打ちされ、婦女暴行などの被害も受けていると訴えている周辺諸国ミャンマー大使館前では25日、イスラム教徒抗議デモを実施。マレーシア政府は25日、「民族浄化が疑われる事態を、あらゆる手段で是正すべきだ」とミャンマー政府に懸念を表明した。ラカイン州では人口増加を続けるロヒンギャ仏教徒の住民危機感を抱き、2012年には双方衝突して200人以上死亡昨年には弾圧を逃れて密航したロヒンギャ数千人周辺国漂着した。

 

  スー・チー氏は9月、アナン前国連事務総長ロヒンギャ問題調査の特別諮問委員会委員長に据えたが、仏教徒団体などの反発で状況は改善していない。スー・チーとしてはロヒンギャ問題が「政権発足から8カ月で最大の試練」(ロイター)となりそうだ。

 

別の記事。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000015-asahi-int

ロヒンギャ問題、ミャンマーに批判 スーチー氏にも矛先

朝日新聞デジタル 11/28(月) 9:30配信


 ミャンマーアウンサンスーチー国家顧問が実質的に率いる新政権によるイスラム教徒ロヒンギャへの対応をめぐり、国際社会の非難が高まっている。周辺国ではミャンマー政府に対する抗議デモが起き、欧米からは新政権の対処能力を疑う声が漏れ始めた。

 

  「ロヒンギャの虐殺者であるアウンサンスーチー法の裁きを」。国民の約9割がイスラム教徒のインドネシア。首都ジャカルタミャンマー大使館前で25日、スーチー氏を非難するポスターを掲げた学生ら200人近く抗議した。

 

  イスラム教が国教のマレーシアでも同日、ロヒンギャ難民を含む約500人が首都クアラルンプールのミャンマー大使館前などに集結。抗議デモはこの日、タイバンコクバングラデシュダッカでもあった。

 

  周辺国ミャンマーへの反発が広まる発端になったのは、ミャンマー西部ラカイン州バングラデシュとの国境地帯10月9日に始まったロヒンギャとみられる武装集団治安部隊との戦闘だ。これまでに86人が死亡ロヒンギャ住民中心約3万人避難民になったとされ、一部がバングラデシュに逃れた。
 
朝日新聞社

 

意外かもしれないが、中東よりも、アジアの方がイスラム教徒は多い

 

イスラム教徒は、世界で約16億人いるが、半分以上はアジアにいる。

 

そのイスラム教徒を、アジアで迫害すると、なんというか、すごいことになりそう。

 

今の中東のような大混乱に陥らないよう、初動が大切と思われる。