「勤労感謝の日」と、アメリカによる侵略

もう、終わりかけているが、今日は「勤労感謝の日」である。

 

それで、思い出したこと。

 

まず、基本的に、日本人は「戦闘民族」のはずなのだが、御存じだろうか?

 

何をバカなって?(笑)

 

初めて聞いた人は、びっくりすると思うので、とりあえず歴史的事実から。

 

日本は、12世紀以来、約700年にわたり、「軍事政権」が権力を握ってきた。

 

 

おかしい?(笑)

 

武士政権鎌倉幕府や、江戸幕府など)は、「軍事政権」である。

 

軍事政権の「思想」は、長い時間をかけ、日本人の中に浸透してきている。

 

例えば「名こそ惜しけれ」。

 

簡単に言うと、恥ずかしいことをするな、という武士道精神だ。

 

他にも、決断力や節度、潔さだったり、忠義だったり、そういったもの。

 

いまいち、納得できない?(笑)

 

まあ、しょうがない。

 

それでは、タイトルの「勤労感謝の日」について。

 

今日の「勤労感謝の日」は、なぜ「勤労感謝の日」になったのか?

 

それは、元々「新嘗祭の日」だったのを、侵略者アメリカが「勤労感謝の日」に変えたから。

 

?(笑)

 

おかしい?

 

日本の団結力の根源である国体(天皇を中心として、国民がまとまっている国家制度)を破壊するため、アメリカは、あらゆる手を使っている。

 

勤労感謝の日」は、日本の重要な日「新嘗祭の日」をなくし、日本の伝統や文化を、破壊する手段の1つなのである。

 

知っている人は当たり前なのだが、知らない人にとっては、例えていうなら、映画「マトリックス」の世界である。

 

自分が、「真実の世界」だと思っていたものは、単に、侵略者アメリカが、自分の都合がいいように「作った世界」だった、という感じ。

 

簡単に言うと、今の日本人は「アメリカに洗脳されてしまっている」人が多い。 

武士道 (PHP文庫)

武士道 (PHP文庫)