読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


韓国の「情」は単なるエゴイズム(韓国のデモ)

さすが、という感じの記事。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161118-00514635-shincho-kr

韓国「反・朴槿恵」狂騒 “犯罪者は晒し者に”の社会力学とは

デイリー新潮 11/18(金) 8:00配信


 無論、我が国でも政治家の不祥事など珍しい話ではない。とはいえ、疑惑の当事者をテレビカメラの前に吊し上げ、パワーショベルが検察庁に突っ込む狼藉ぶりを目にすると、彼の国「らしさ」を感じてしまうのは事実。これこそが李朝時代から続く「情治国家」のなせるワザなのだ。

 

  ***

 

 もっとも、日本人にはやり過ぎに見えても、

 

 「以前よりだいぶマシになったと思いますよ」

 

  と、元時事通信ソウル特派員で『悪韓論』の著者・室谷克実氏は苦笑する。

 

 「韓国では犯罪者晒し者にするのは日常茶飯事。かつては殺人犯が検察に護送される時も無理やり記者会見を開かせていた。もし逃げ隠れするようなら、テレビの撮影スタッフが髪の毛引っ掴んでカメラの前顔を突き出したものです」

 

  一方、元朝日新聞ソウル特派員でジャーナリストの前川惠司氏によれば、

 

 「先の大規模デモでは、デモ隊が許可されたコース外れても警察全く咎めなかった。それどころか、当の警察署長が“国を愛する皆さんの気持ちは十分に理解する。理性的な協力に感謝します”と、同情的な発言をして話題になりました」

 

  警察当局がデモ隊にエールを送るとは、さすがは「情」に厚いお国柄、と言いたいところだが、

 

 「韓国の情エゴイズム表裏一体です。子供がバスの指定席に座っていても、規定の料金を払っていない中年男性が割り込んでくる。“疲れている俺を座らせないなんて情がない”というわけです。デモにしても“俺は社会のために頑張っているのに邪魔をするのか”、と。警察や裁判所ですら、そうした“情”の世論を窺いながら動くので法治主義根付かない」(同)

 

  実際、崔順実(チェスンシル)氏と同じように晒し者となったセウォル号」の船長「ナッツ姫」には想定外の重い罰が科せられている。

 

■「有銭無罪」

 

 さらに、韓国が法治国家になれない理由として、先の室谷氏は「有銭無罪、無銭有罪」を挙げる。

 

 「これは、金持ちは無罪で、貧乏人は有罪になるという司法の腐敗を嘆く言葉です。李氏朝鮮時代の貴族・両班(ヤンバン)は、庶民からカネを巻き上げても裁かれませんでしたその伝統いまも続いている。朴大統領の要請で韓国企業が崔氏の財団に出資した疑惑も日本人が考える汚職とは異なります。何しろ、双方の利害が一致するわけではなく、単に権力者カネを強奪しただけ両班のやり口変わらない

 

  こうした不公平身に染みているがゆえに、権力者の不祥事が表沙汰になると民衆の怒りは一気に燃え盛る。そして、法で裁き切れない悪人を、情で裁くというワケだ。

 

 「ただ、韓国ではもはや大統領のスキャンダル5年に1度の恒例行事になっている。国民もメディアも感情に流されて政権叩きに奔走するばかりなので新政権同じ過ち犯す」(同)

 

今回の狂騒ぶりも、“情”の国ならではの情況なのだ。

 

 

特集「慰安婦問題の約束不履行? 反日気運の増長? 『朴槿恵』大統領炎上でこっち側の嫌な予感」

 「週刊新潮」2016年11月17日号 掲載

新潮社

※ 赤字・太字は、管理人による。

 

韓国社会は、こういうものだという形でしか、理解できない。

 

隣の国でさえ、これだ。

 

国際結婚しても、だいたい50%のカップルが離婚する。

 

それは、そうだろうなと思う。

 

分かり合える気がしない。