「丁字」

悲しくなった記事の紹介。

http://www.j-cast.com/2016/11/05282691.html

 直角に交わった三叉路のことを、日本語では本来、「丁(てい)字」と呼ぶ。

 

   しかし、現在はアルファベットの「T(ティー)」を用いた「T字路」がよく使われるため、お年寄りなどが「てい」と発音しているのを聞き、なまっている、と誤解する人もいる。そんな勘違いから、芸能人がテレビ番組でお年寄りの発言笑いものにしたとして、インターネット上で「炎上」騒ぎが起きる事態になった。

※ 赤字・太字は、管理人による。

 

芸能人には、勉強が足りない人が多いのは事実だが、テレビ局のスタッフ気づかないとは、話にならない

 

本当に、日本のテレビ局の連中は、思想が偏っていたり等、問題が多い。

 

・・・まあ、それは置いておいて、「丁字」の話に戻る。

 

「丁字」と聞いて、日本海軍の栄光の象徴ともいえる日本海海戦」における「丁字戦法」を、思い出さない(というか、知らないのだろう)人が多いことが、悲しい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%B5%B7%E6%B5%B7%E6%88%A6

 

正直、ここまで、アメリカ等の連合軍に、日本骨抜きにされてしまったかと思うと、情けないし、本当に悲しくなる。

 

日本海海戦における勝利は、世界史上、空前絶後・・・後にも先にも、これほどの完璧な勝利は、あり得ないと言われたほどの大勝利だ。

 

先祖の苦難・栄光も忘れ去り、ぼんやり生きている日本人の、なんと多いことか・・・。

 

今、日本が、これだけの先進国となり、豊かに生活しているのは、誰のおかげか?

 

自分だけ、楽しく生きればいいのか?

 

旗艦「三笠」も、第二次世界大戦後、辱めを受けた(今は、一応、復元されている。)。
http://www.kinenkan-mikasa.or.jp/index.html

 

今一度、「聯合艦隊解散之辞」における戒めを噛みしめ、二度と油断してはならない。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%AF%E5%90%88%E8%89%A6%E9%9A%8A%E8%A7%A3%E6%95%A3%E4%B9%8B%E8%BE%9E

 

現代に生きる我々は、先祖子孫に対して、責任があることを忘れてはならない。