フランスの難民キャンプ「ジャングル」撤去。難民は、「犯罪」と「憎しみ」を生むだけ

今日は、10/24に放送された、テレビ東京の報道番組「ワールドビジネスサテライト」から

www.tv-tokyo.co.jp

 

フランスのカレーにある難民キャンプが、撤去されるという報道。

 

まずは、場所から。

f:id:imingaikokujin:20161030025223j:plain

 

f:id:imingaikokujin:20161030025301j:plain

 

 現地の記者が、説明を始める。

f:id:imingaikokujin:20161030025329j:plain

  

f:id:imingaikokujin:20161030025407j:plain

ここに集まっているのは、すぐ近くに、イギリスに向かう高速道路があるから。

 

そして、イギリスに向かうトラック等に、飛び乗るとのこと。 

 

それで、事故も起こっているとのこと。

 

 結局、犯罪が増えたので、撤去することになったようだ。

f:id:imingaikokujin:20161030025442j:plain

  

f:id:imingaikokujin:20161030025543j:plain

  

f:id:imingaikokujin:20161030025735j:plain

  f:id:imingaikokujin:20161030025949j:plain

 これは、閉鎖に反発する難民が火をつけて、治安部隊と衝突している様子。

 

結局、気に入らないことが起こると、難民は暴れる(これは、管理人の感想。以下、感想は、青字で書く)。

 

f:id:imingaikokujin:20161030030034j:plain

  

 次は、「ジャングル」がどういった場所か、まとめたVTR。

f:id:imingaikokujin:20161030030202j:plain

 まず、カレーの街の外観。イギリスに近い。

 

f:id:imingaikokujin:20161030030258j:plain

 この街の郊外に、中東・シリアなどから来た難民キャンプがある。

 

その通称は・・・

f:id:imingaikokujin:20161030030342j:plain

 

 意味は、画面右下。

f:id:imingaikokujin:20161030030436j:plain

 

数は、

f:id:imingaikokujin:20161030030514j:plain

  

 生活の様子。モスクもあるし、学校もある。

f:id:imingaikokujin:20161030030547j:plain

  

f:id:imingaikokujin:20161030030615j:plain

  

f:id:imingaikokujin:20161030030651j:plain

  

f:id:imingaikokujin:20161030030722j:plain

  

食事の様子。

f:id:imingaikokujin:20161030030758j:plain

 

f:id:imingaikokujin:20161030030830j:plain

 

f:id:imingaikokujin:20161030030854j:plain

食事を作るボランティアへのインタビューもあったが  、省略。

 

「難民の絶望感も広がる」として、インタビューをしていた。

f:id:imingaikokujin:20161030030946j:plain

  

f:id:imingaikokujin:20161030031011j:plain

  

f:id:imingaikokujin:20161030031043j:plain

 

f:id:imingaikokujin:20161030031124j:plain

  

その絶望感からか・・・

f:id:imingaikokujin:20161030031215j:plain

 

字幕は同じだが、別の映像。警官が難民を追いかけていた。

f:id:imingaikokujin:20161030031354j:plain

これらの催涙弾やら、警官が難民を追い回すといったことが、日本でもいずれ起きるのかと思うと、ゾッとする。 

 

 これらの暴力等は、地元のカレーの住民にとっては、受け入れられない事態。

 

地元住民の怒りが爆発。デモが起こる。f:id:imingaikokujin:20161030031420j:plain

  

f:id:imingaikokujin:20161030031443j:plain

  

なんと、先頭に立つのは、市長。

f:id:imingaikokujin:20161030031516j:plain

  f:id:imingaikokujin:20161030031549j:plain

  

f:id:imingaikokujin:20161030031614j:plain

 

デモ隊の勢いは、止まらない。 

f:id:imingaikokujin:20161030031647j:plain

 

 デモ参加者の中に、難民たちに襲われたと主張する人もいた。 

f:id:imingaikokujin:20161030035733j:plain 

首から下げているプラカードを、アップにしたもの。

f:id:imingaikokujin:20161030035759j:plain

車を壊されているようだ。

 f:id:imingaikokujin:20161030035841j:plain

 

 こうした住民たちの声を受け・・・

f:id:imingaikokujin:20161030035933j:plain

 

 まとめ。

f:id:imingaikokujin:20161030040006j:plain

今回の措置で、問題が解決した訳ではないとのこと。

 

そもそも、難民は、イギリスに行きたいと思っているので、また戻ってくる恐れがあるとのこと。

 

そして、難民が、ヨーロッパに入ってくる構図は変わっていない(シリア・イラクの内戦が終わっていない)ので、問題の先送りにしかすぎないとのこと。

 

これで、このコーナーは終わり。

 

 

難民問題は、日本でも十分起こりうるし、すでに、何度か経験もしている。

 

例えば、朝鮮戦争の際の韓国人。一説には100~200万にくらい、日本に密入国してきたらしい。

 

そして、ウソをつきつつ、わがもの顔でのさばる。 

imin-nanmin-gaikokujin.hatenablog.jp 

 

imin-nanmin-gaikokujin.hatenablog.jp 

 

その他、ベトナム戦争中越戦争の時も、難民を受け入れている。

 

 

御存じのとおり、外国人の犯罪は、やはり多い

http://www.sankei.com/affairs/news/150917/afr1509170001-n1.html

 

気をつけなければ、日本の伝統・文化・社会が、訳の分からない連中のせいで、崩壊してしまう。

 

無理をして、自国を危険にさらしてまで、他人を助ける必要はない。こういう奴らは、恩を仇で返すことが多い。

 

前の記事のように、自分の家族が、犯罪の被害者になってもいいのか? 

imin-nanmin-gaikokujin.hatenablog.jp