「性産業輸出大国」韓国の恥ずかしい現実(←韓国の新聞の見出し)

この記事の内容を、管理人の職場の同僚も知らなかったので、一応掲載する。

 

外国関連の仕事なのに、知らないなんて衝撃だ。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130818/frn1308180725000-n1.htm

慰安婦問題を考えるうえで大変参考になる記事が昨年、朝鮮日報(6月15日)に、「拡大する韓国型性産業、海外での実態」「『性産業輸出大国』韓国の恥ずかしい現実」として掲載された。驚くべき内容だった。

 まず、海外での韓国人売春婦について、〈2010年10月に行われた女性家族部(省に相当)への国会国政監査で、当時の金玉伊(キム・オクイ)議員(女性家族委員会所属)は『海外で売春をする韓国人女性の数は日本約5万人、オーストラリアに約2500人、グアムに約250人いるとみられ、全世界では10万人余りに達する』と主張した〉とある。

最近でもこれだけ性産業で働きたがる女性がいるのに、売春が公認されていた70年前、「強制連行」などという手荒な行為が必要であったかどうか、冷静に考えれば誰にでも分かる。

※ 赤字・太字は管理人による。 

 

韓国の新聞が、韓国人遠征売春婦の記事を報じている。

 

別に、日本の「右翼」新聞ではない(笑)

 

2本リンクを貼る(韓国の新聞「中央日報」から)。あとは、自分でも探してみてほしい。

 

http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=60826

 

http://japanese.joins.com/article/427/144427.html