偽造パスポートで入国し、不法就労・・・強制退去は当たり前!!

外国人の不法入国不法就労の記事等があれば、定期的に紹介したいと思う。

 

産経新聞の記事が多くなると思うが、それは、産経新聞が一番多く取り上げるから。

 

なぜか、報道しないメディアも多い。

 

報道しない自由を、行使しているらしい。

 

さて、今日紹介する記事はこちら。

http://www.sankei.com/west/news/161014/wst1610140071-n1.html

 不法在留強制退去を命じられているペルー人女性と、日本で生まれ育った中学3年の長女(15)、中学1年の長男(13)が14日、大阪市内で記者会見し、在留特別許可を認めてほしいと訴えた。ペルー人の夫はすでに強制送還されており、家族の支援団体は同日、抗議声明を大阪入国管理局あてに送付した。

 

 支援団体によると、父親のパスクアル・デラクルスさん(59)は平成3年に、妻のネリ・モレノさん(50)は同6年に、いずれも偽造旅券で日本に入国した。パスクアルさんは日雇い仕事などで生計を立てていたが、23年に入管難民法違反容疑で逮捕され、有罪が確定。ネリさんは逮捕されなかったものの、翌年に家族全員に強制退去処分が出された。

 

 処分取り消しを求めた訴訟も昨年、最高裁で上告が退けられ、パスクアルさんは今年9月、ペルーへ強制送還された。ネリさんも17日に大阪入管へ出頭するよう命令を受けているという。

 

 会見でネリさんは「子供たちは日本語は話せるがスペイン語は話せない。許しをもらいたい」と涙ながらに話した。

長女も「私と弟は日本がふるさと。学校にも友達がたくさんいる。日本でこれからも生活したい」と訴えた。

※ 赤字・太字は管理人による


本当に、勘弁して。

 

裁判をして、時間を稼いで、少しでも長く日本にいよう、という魂胆。

 

日本は、夢の国・近未来の国だから(笑)

 

偽造旅券で日本に来て(違法)、不法就労して(違法)、退去強制処分を受けているのに、その処分取り消しを求める(日本の法律・法執行に従わない)って、どれだけ遵法精神乏しいのか!

 

こういう奴らは、日本人のに訴える。


今回も、子供が出てきて、いつものパターン(笑)

imin-nanmin-gaikokujin.hatenablog.jp

 

お願い。涙を流して、被害者ぶるのは止めて。 

imin-nanmin-gaikokujin.hatenablog.jp

 

こういう奴らに、もし、在留特別許可が与えられたら、どうなるか。

 

本国から、親族を日本に呼び寄せる。

 

どんどん来る(笑)

 

どんどん、遵法精神のない奴らが来る。

 

こうやって、やがて、テロが起きるようになるのだろう。