反日勢力・反日メディアの「歪曲」や「印象操作」に注意しよう!豊洲問題で「過剰反応」報道!その他、ウソを垂れ流す!

 

反日勢力とはこういうものだろう、という記事が出た。

 

毎日新聞から。

http://mainichi.jp/articles/20160917/k00/00m/040/099000c 

共産党都議団は16日、豊洲市場の青果棟地下の空洞にたまった水を分析したところ、環境基準値の4割のヒ素が検出されたと発表した。

※ 太字は管理人による


これは、普通の言葉にすると、「環境基準値の数値」という意味だ。

 

しかも「環境基準値の半分以下の数値」ということ。

 

つまり、まったく問題ないということだ。

 

問題がないのに、さも問題があるかのように伝えようとしている。

 

物凄い表現だ。あきれて呆然とするしかない。

 

こんな発表をする共産党も、頭がおかしいとしか言いようがないが、これをそのまま記事にして垂れ流す反日左翼メディアも、大問題だ。

 

こういう発表に、どんな意味があるのか。

 

簡単だ。

 

世界中に、日本を代表することとなる豊洲市場は、非常に危険な市場だという印象操作を行い、日本の食料品の競争力を下げ、国民の不安あおり、日本政府や地方公共団体をおとしめ、日本の国力弱める意味がある。

 

ライバル国や、反日を謳う外国勢が、大喜びするだろう。

 

☆☆☆


今日はもう1つ、反日左翼メディアである朝日新聞が、いかに裏付けを取らず、人から聞いた話をそのまま垂れ流す、問題があるメディアであるかを知る報道があった。

 

記事自体は、毎日新聞から。
http://mainichi.jp/articles/20160928/k00/00e/040/197000c 

 群馬県太田市の臨時職員の男性がコンピューターゲームの世界大会に優勝したのは虚偽だった問題で、男性の会見をもとに報道した上毛新聞と朝日新聞は28日、紙面とニュースサイトにおわびを掲載した。 

 

朝日新聞は、調べればすぐに分かることを調べず、「嘘つき」のウソを、そのまま記事にしてしまったのだ(笑)

 

慰安婦問題も、こういった適当な取材から始まったのだろう。

 

慰安婦問題は、いまや、日本や韓国にとどまらず、世界中にデマが広がってしまった。

 

そもそも、アメリカなど、かつての敵国は、「日本が悪」だと宣伝したいので、デマが広がるのも当然の結果といえる。

 

なぜ宣伝したいのか。

 

アメリカなどの戦勝国は、自分たちの残虐な戦争犯罪を、「日本が悪」だと宣伝して、隠したいのである。

 

ウソでも、その話に乗りたいのだ。

 

だから、アメリカ等では、立派な慰安婦像(売春婦像)が建っている。

 

この点、同盟国であったドイツでは、先日、慰安婦像(売春婦像)は建てられないこととなった。

 

外国勢力の片棒を担ぐ朝日新聞は、本当に話にならない。

 

日本国民が、みんな迷惑をしている。