不法入国

平成28(2016)年度の入国拒否は5805人(前年比25・9%増加)!

氷山の一角にしかすぎないと思われる。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000115-jij-pol 16年の入国拒否5805人=インドネシアが9割増―法務省時事通信 3/24(金) 17:08配信 法務省は24日、入国目的に疑義があるなどとして2016年に入国を拒否し…

日本メディアが隠す「メキシコの壁」を批判しないドイツの真実と、「難民の上陸阻止」に舵を切ったEU各国!

欧米は、「自分に都合のいいこと」だけしか言わない。 「偽善」に満ちあふれている。 しかし、それを有り難がる日本のメディア。 本当に、日本のメディアは、いろいろと足りない。 ※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。記事中、元々太字だった…

アメリカで、不法移民680人以上を逮捕!公約を着実に実行するトランプ大統領!

まだまだ、あまい。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000071-jij-n_ame 不法移民680人以上逮捕=強制送還の公約実行―米大統領時事通信 2/14(火) 14:31配信 【ワシントン時事】米国土安全保障省は13日、移民税関捜査局(ICE)が先週、全米で不…

強盗殺人犯(中国人)が、偽名で出入国!日本の治安は、かなり危険な状態!?

偽名で不法入国している外国人なんて、腐るほどいるのだが・・・。 http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170204-83198658-a_aaac 強盗殺人犯が偽名で出入国 “凶悪中国人”なぜ来日できた?2017/2/4 09:26 日刊ゲンダイ 16年前の歌舞伎町クラブ強盗殺人事件…

強盗殺人犯(中国人)と、盗品転売ブローカー(スリランカ人)と、26年間も不法滞在した韓国人に関する記事を紹介。

イラッとくる記事を、3つ紹介。 ※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000000-jij-soci 3人死傷の強盗、関与認める=入管法違反容疑で逮捕の中国人―警視庁時事通信 2/2(木) 0:03配信 東京都新宿…

ここにも「難民ビジネス」が!「ロヒンギャ」問題

少数派のイスラム教民族「ロヒンギャ」が、仏教国ミャンマーで、迫害されているという話。 簡単に紹介した過去記事。 www.imin-nanmin-gaikokujin.com ロヒンギャは、隣国のバングラデシュだけでなく、インドにまで行っているようだ。 ※ 以下、全ての記事の…

ヨーロッパへ向かう難民は「ただの出稼ぎ」!ジプシーが「一刀両断」!

この本が、ある意味、正しいという記事。 そうだ難民しよう! はすみとしこの世界 作者: はすみとしこ 出版社/メーカー: 青林堂 発売日: 2015/12/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) を見る 世の中、ダマしあいだ。 ※ 以下、全ての記事の赤字・…

誘拐ビジネスから発展した!?移民・難民の「密入国ビジネス」

最初は、誘拐の話だが、途中から、移民・難民を輸送する密入国ビジネスの話。 移民・難民の話が始まる部分は、緑で色を付けた。 http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20161228-00150128-toyo-column 池上彰が愕然とした「誘拐経済」の深すぎる闇9時00分…

強制わいせつ等で「有罪判決」を受けた外国人が、 「仮放免」中に逃亡するケース相次ぐ!

不良外国人を信用するから、こうなる。 日本人は、少しは疑うことを覚えた方がいい。特に、外国人に対して。 彼らは、劣悪な環境で、生きるか死ぬかの体験をしてきていることが多い。 ほけーっとしていて、太刀打ちできるヤカラではない。 http://www3.nhk.o…

クルーズ船客が失踪!入国審査の甘さを突かれる!

犯罪者集団とのいたちごっこが続く。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000055-mai-soci <クルーズ客>上陸後帰船せず不法就労 入国審査簡略化あだ 毎日新聞 12/16(金) 13:24配信 クルーズ船客を対象に入国審査を簡略化した「船舶観光上陸許可…

EUは、難民申請が「却下」された移民を、「本国送還」する方針!

EUは、難民申請が認められなかった移民を、送り返すことにしたようだ。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000127-jij-eurp 申請却下後の移民送還促進=EUとマリが合意時事通信 12/12(月) 18:53配信 【ハーグAFP=時事】欧州連合(EU)と西アフ…

ドイツは、ようやく「目が覚めた」か?「難民・移民」の受け入れ「厳格化」へ

現実路線へ、転換か? http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161208-00000051-nnn-int 独与党“難民・移民受け入れの厳格化”採択日本テレビ系(NNN) 12/8(木) 18:22配信 ドイツのメルケル首相が党首を務める政権与党CDU(=キリスト教民主同盟…

「外国」を、簡単に信用してはいけない!ビザ関係は、偽物や不正が横行。

発展途上の国は、本当に信用ならない。 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000007-jij_afp-int ガーナで偽の「米大使館」10年運営 ギャングがビザ偽造 AFP=時事 12/6(火) 9:55配信 【AFP=時…

これからはベトナム人の時代か?摘発された外国人の犯罪件数で、ベトナム人が国別で最多!

外国人には、日本人的感覚はない。 温室育ちの日本人が、荒波にもまれてきた(生命の危機が何度もある!)外国人に、太刀打できるか? http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161127-00000056-san-soci 外国人犯罪 ベトナム人摘発が国別最多 昨年2500件超…

「不法就労」目的の「留学生」は、なんと8割!外国人「犯罪者」に、食い物にされる日本。

とりあえず、読んでほしい。ある程度、まとまっている。「日刊SPA!」から。 以下、全ての記事の色文字・太字は、管理人による。 http://nikkan-spa.jp/1222350 外国人に対して“ユルユル”な日本の入国事情。犯罪に手を染める留学生・技能実習生も 2016.11.16 …

「不法移民」という「言葉」にダマされるな!彼らは、単なる「犯罪者」だ。

トランプ次期大統領と、不法移民・国境の壁についての記事の紹介。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161116-00000064-reut-n_ame トランプ政権「国境の壁」早期建設、ムスリム移民登録も=顧問 ロイター 11/16(水) 13:30配信 [ニューヨーク/ワシント…

アメリカの不法移民が、日本に押し寄せる!?トランプ大統領で「最悪のシナリオ」

トランプ候補が、大統領になることになった。 結局、イギリスのEU離脱や、EU各国での右派の台頭をも併せて考えれば、グローバリズムは、失敗に終わったということだろう。 共産主義が、壮大な社会実験の下、何千万人も死亡して、結局失敗したのと同じと思わ…

本当に厚かましい不良外国人(強制退去の命令にすら従わない)

あきれた記事から。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00010000-asiap-soci 退去命令のペルー人家族が会見「日本生まれの子供だけでも残留認めて」 アジアプレス・ネットワーク 11/9(水) 11:00配信 ◆夫はすでに強制送還 妻と子ども2人が残留特別…

「偽装結婚」したがる不良外国人

今日は、「偽装結婚」についての記事。 http://www.sankei.com/smp/affairs/news/161107/afr1611070026-s1.html 俳優ベンガルさんの息子を逮捕 偽装結婚の疑い、警視庁 2016.11.7 13:44 偽装結婚をしたとして、警視庁組織犯罪対策1課は電磁的公正証書原本不…

偽造パスポートで入国し、不法就労・・・強制退去は当たり前!!

外国人の不法入国や不法就労の記事等があれば、定期的に紹介したいと思う。 産経新聞の記事が多くなると思うが、それは、産経新聞が一番多く取り上げるから。 なぜか、報道しないメディアも多い。 報道しない自由を、行使しているらしい。 さて、今日紹介す…

不法入国する中国人(その2)池袋が危ない!

前回(その1)の続き。 舞台は変わって、池袋。 ここも、中国人に乗っ取られつつある場所である。 気づいていただろうか? さて、何気ない通路のようだが、よく見ると・・・。 単なるフリーペーパーのようだが・・・。 出ました(笑) フリーペーパーだけじ…

不法入国する中国人(その1)クルーズ船が危ない!

いつも、朝日系列メディアを批判する管理人であるが(笑)、朝日系列でも、中にはいい番組もある。 参考までに、池上彰さんのメディア全体に対する批評はこちら。 ironna.jp 今日紹介するのは、テレビ朝日の「スーパーJチャンネル」という番組の中の、「追跡…