読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


外国人観光客の多さに悲鳴を上げるバルセロナ!日本も適切な対策を!

 

観光客の数が増えればいい、というものではない。

 

ビザを緩和すると、不法滞在者が増えるし・・・。

 

※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。なお、記事中、元々太字だった部分は、アンダーラインで表示した。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00164660-toyo-bus_all

バルセロナが「観光客削減」に踏み切る事情
東洋経済オンライン 3/25(土) 9:00配信

 バルセロナはスペインで観光客が最も多い都市なのをご存じだろうか。1992年にバルセロナオリンピックが開催されたのを機に、バルセロナ市が主導して観光都市として発展するために必要なインフラ整備などを行った結果、スペイン随一の観光都市となった。バルセロナが観光都市として発展するのに建築家アントニオ・ガウディの存在は重要な要素となった。たとえば、彼の未完の大作である「サグラダファミリア」だけでも年間320万人もの観光客が訪れている。

 

 そのバルセロナ「観光客削減乗り出している。

 

 3月中旬にはアダ・コラウ市長が、「2020年に向けた観光都市計画」を発表。今後は、観光客の宿泊を目的としたマンションの固定資産税引き上げると同時に、こうしたマンションの新たな認可やめる考えを明らかにした。また、ベッド・アンド・ブレックファスト(B&B)への規制も強化し、年間貸し出せる部屋制限するという。バルセロナでは、2016年10月から1年間、歴史地区での新たな商業施設等の開設禁止しているほか、2017年1月末には市議会で2019年以降新たなホテルの建設禁止する法律が可決されている。

 

■人口の20倍近い観光客が訪問

 

 実際、バルセロナにはとてつもない数の観光客が訪れている。年間観光客数約3200万人と、同市の人口(160万人)約20倍にも上る。バルセロナで訪問者が必ず訪れるランブラ通りには1年間になんと延べ1億人が通行している。ある調査によると、そのうち21%が地元の住人で、残り79%は観光客。つまり、平日で、1日に20万人が通行しているというのだから、混雑を通り越している

 

 もう1つ、「異常事態」を示す数字がある。ポブレ・ノウ地区には、7万人が住んでいるのだが、この地区のホテルのベッド総数は2万にも上る。さらにグラシア地区では、観光客用に提供しているマンションが1万5000戸もあるという。

 

 観光客の急増には、地元の住民頭を悩ませている。市役所が市民約6000人を対象に「困っている問題」について尋ねたところ、「観光客の多さ」と答えた人の割合は約8%と、1位の「失業」(24.9%)に次いだ。一方、バルセロナを訪れる観光客の58%も「観光客が多すぎる」と考えているのだから、普通ではない状況だ。

 

 観光客が増えていることで、実際市民にどんな弊害が起きているのだろうか。1つは、「騒音問題」だ。多くのマンションを持つ市民が「ホテルより安く泊まれる」と銘打って民泊を始めたところ、品行の悪い外国人観光客の存在が目立つようになった。「朝までどんちゃん騒ぎが続き眠れない」「エレベーターの濫用で頻繁に故障するため、維持費がバカにならない」など、マンション住民たちは頭を抱えている。

 

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00164660-toyo-bus_all&p=2

もう1つ市民を悩ませているのは

 

 また、こうした「宿泊用」マンションが増える中、一般市民向けのマンションが不足しており、賃貸料が上昇。2015年には、賃料を23%も引き上げるマンションもあったという。

 ※ 引用は、ここまで。

 

記事は、もう少し続きがあるが、同じ話の繰り返しと、カタルーニャ州の独立問題の話なので割愛。

 

結局、「何でもやり過ぎはダメ」だという話。

 

日本も、急激に外国人観光客を増やすのではなく、問題点を検討しながら、少しずつ増やしていくべきだろう。

 

そして、一定の段階で、ストップをかける。

 

問題が多く起きて、メリットより、デメリットの方が大きくなるからだ。

 

今は、数値目標ありきで、対応も、行き当たりばったりという感じ。

 

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」だろう。

 

〈アマゾンへのリンンク〉 

世界が憧れた日本人の生き方 日本を見初めた外国人36人の言葉 (ディスカヴァー携書)

世界が憧れた日本人の生き方 日本を見初めた外国人36人の言葉 (ディスカヴァー携書)

 

内容紹介
現代を豊かに生きる智慧は、かつての日本にこそ眠っている。

シーボルト、イザベラ・バード、アインシュタイン……
16世紀以降に日本を訪れた外国人たちの記録から、現代にも通用する「生き方のヒント」が見えてくる。

「何と多くの思いがけない親切に出会うことか! 」
「ほんものの平等精神が社会の隅々まで浸透している」
「私たちは何もかも幸福であった」

「私は、書き留めた言葉の数々からこうした日本の
素晴らしい原型が浮かび上がってくるのを目のあたりにすると同時に、
現代の日本がそこから少しばかり外れてしまっていることに思い当たりました。
そして、私たちが原点回帰することの必要性を、身にしみて感じるようになりました。

未知のものを模索するのは難しいでしょうが、もともと存在しているものに
もう一度目を向けるのは復習であり、温故知新です。
ありがたいことに、先人たちのお手本が外国人たちの訪日記録という形で現在でもしっかり残されています。
そして日本人は、先祖代々からの文化継承を得意とする民族です。
元来持っていた良さが完全に失われたわけではなく、戻る気にさえなれば戻れる環境があります。

いまほど、自国の伝統文化の素晴らしさに再度光をあてることがふさわしいときがあるでしょうか。」
(「はじめに」より)

●正誤表
・p.010 7行目
<誤>私は、ここに挙げる42名の外国人たちの記録から、
<正>私は、ここに挙げる36名の外国人たちの記録から、

●目次
第1章 シンプルさのなかに豊かさを見いだす
第2章 どんな相手も尊重する
第3章 いつもご機嫌である
第4章 教養を身につける
第5章 自然とともに生きる
第6章 必要な道徳心を備える
第7章 進んで相手をおもてなす
第8章 共存共栄に生きる
最終章 現代に生きる日本の美徳

 

出版社からのコメント
本書は、私たちの住む日本という国が、古代から膨大な時間をかけてじっくりと培われた、
本当の意味で人間らしく、健康的で平和で、かつ満ち足りた理想的な社会であったということを示すものです。

日本はいま、世界から大きく注目を集めています。
たとえば近年、様々な日本の文化が、続々と世界遺産に登録されています。
2013年には富士山が、2014年には富岡製糸場と周辺の絹産業遺跡、そして和食が登録され、つい最近は、日本の祭り「山・鉾・屋台」33件もが無形文化遺産に登録されることが発表されました。
そのなかでも特に興味深いのが、2010年に世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」です。
自然の山と海、そして人間のつくり出す日々の暮らし。
つまり、「土地と住民の生活スタイルそのもの」が、世界の宝として認定されたのです。
昨今、「エコロジー」だとか “Go Green"(環境に優しく)などと叫ばれ、自然を大切にしようという活動が西洋社会で盛んになっています。
しかし、そのようなスローガンが生まれる遥か以前から、里山には環境に優しい暮らしが存在し続けてきました。
人間をあらゆる被造物のなかでもっとも優れた存在と見る西洋の思考とは対照的に、動植物すべてが人間と同じ世界に同等に存在すると見る「共生感」が日本人には根本的に備わっていると見ることができるでしょう。
こうしたことが、一連の遺産登録によって世界中から評価されることになったのです。

そしてこれから先、日本に対する世界の関心はより一層高まっていくはずです。
2020年には、東京でオリンピック・パラリンピックが開催されます。
そのとき、自然風土や食、伝統文化、物づくりなど、様々な角度から日本が世界の注目を浴びるのは間違いありません。
そこで私はこれを機に、日本人が自らのユニークな長所を見つめ直し、衰退していたものを復活させていくことで、日本という国を再び活性化させるとともに、世界全体が安定を取り戻すことに繋がるのではないかと考えています。
(「はじめに」より)

「実質的な移民」である在留資格「永住者」が増え続ける日本!在留外国人の数自体も238万人と過去最多!

 

2週間前の記事だが・・・。

 

これ以上、外国人が増加すると、日本社会に様々な「ひずみ」が生じる。

 

どんな「ひずみ」かは、さんざんこのブログで書いてきたので省略。

 

とりあえず、事実の指摘だけにとどめる。

 

もはや、ある程度の「合理的な制限」が必要な段階に入っている。

 

以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000082-jij-pol

在留外国人、最多238万人=ベトナムが急増
時事通信 3/17(金) 16:10配信

 法務省は17日、2016年末時点在留外国人数前年比6.7%増238万2822人となり、2年連続で過去最多を更新したと発表した。

 

 今年1月1日現在の不法残留者数3.9%増6万5270人で、3年連続で増加した。いずれもベトナムからの人数が大きく伸びた

 

 在留外国人は、就労や留学などの中長期滞在者と特別永住者の合計。国別では、中国69万5522人、韓国45万3096人、フィリピン24万3662人。これにベトナムが19万9990人で続き、増加率は36.1%と突出して高かった。

 

 不法残留は、韓国1万3265人、中国8846人、タイ6507人。ベトナムは34.9%増の5137人だった。 

 

別の視点からの記事。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000067-mai-soci

<在留外国人>最多238万人…永住者、20年で10倍
毎日新聞 3/17(金) 19:14配信

 法務省は17日、2016年末の在留外国人数が238万2822人(前年末比15万633人、6.7%増)だったと発表した。在留資格別では「永住者」72万7111人(同2万6611人、3.8%増)と最も多く、いずれも統計を取り始めた1959年以降最多。在留外国人は96年の134万人余から20年で100万人余増の1.77倍だが、永住者96年の約7万2000人から約10倍と大幅に増加した。

 

 在留外国人はリーマン・ショックの影響などで09年から減少し、13年に増加に転じた。16年末は国別で(1)中国(69万5522人)(2)韓国(45万3096人)(3)フィリピン(24万3662人)(4)ベトナム(19万9990人)の順。一方、永住者その間も一貫して増加。16年末の国別は未集計だが、15年末(1)中国(22万人余)(2)フィリピン(12万人余)(3)ブラジル(10万人余)(4)韓国(6万人余)の順だった。

 

 在留資格別では永住者に続き▽在日韓国・朝鮮人などの特別永住者33万8950人(前年末比2.8%減)▽留学27万7331人(同12.4%増)▽技能実習22万8588人(同18.7%増)の順。

 

 15年の国勢調査日本の総人口1億2709万4745人で、10年調査から96万2607人減少したが、これには在留外国人含まれ永住者の急増総人口の減少緩やかにしていると言える。政府「移民政策は取らない」との立場だが、首都大学東京の丹野清人教授(労働社会学)は「在留資格の更新が不要で職業制限もない永住者実質的移民だ」と指摘している。【山口知】

 

早め早めに措置しておかないと、気づいたら、「日本社会がおかしくなっていた」「日本社会が乗っ取られていた」「日本は住みづらい国になった」では、話にならない。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

北海道が危ない!

北海道が危ない!

 

  

日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき

日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき

 

  

カエルの楽園

カエルの楽園

 

  

「カエルの楽園」が地獄と化す日

「カエルの楽園」が地獄と化す日

 

 

「ニュース女子」問題が明らかにした「在日朝鮮・韓国人による反日活動」の実態!沖縄県民が怒りの抗議集会!

 

在日朝鮮韓国人の反日活動には、気をつけなくてはならない。

 

日本に住む限り、日本のルールは、きちんと守ってもらう必要がある(※外国人は日本の政治的意思決定に影響を及ぼす活動をしてはいけない。マクリーン事件参照)。

 

これは、当然のことである。

 

これが嫌なら、日本から出ていけばいい。

 

※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000521-san-pol

東京MXニュース女子問題 「在日朝鮮人の辛淑玉氏は寝た子を起こした」「沖縄県民は怒っている」我那覇真子さんら都内で抗議集会
産経新聞 3/26(日) 18:42配信

 

 虚偽の内容にあたり、自身の名誉を毀損(きそん)されたとして、市民団体「のりこえねっと」辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に番組内容の審議申し立てたことについて、沖縄県民として同番組に出た「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員我那覇真子(がなは・まさこ)さん(27)らが26日、東京都千代田区で抗議集会を開き、「辛淑玉氏は寝た子を起こした。沖縄県民は怒っている」などと話した。

 

 会合の名前は「東京MXTV問題の本質 辛淑玉氏等在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民集会」。

 

 主催者を代表して我那覇さんは「辛氏は本来ならば今ごろ、MXテレビに対して勝利宣言をしていたことでしょう。しかし私たち沖縄県民を怒らせてしまった日頃はおとなしく、穏やかな沖縄県民だが、一度怒ったらタダではすまない」と述べ、「沖縄の米軍基地の問題在日朝鮮人の辛氏いちゃもんをつけているのは、日本という国の主体性のなさから来ている」と指摘すると、会場から大きな拍手が上がった。

 

 ゲストとして登壇した中部大特任教授でニュース女子にゲスト出演していた科学者の武田邦彦氏(73)は「ニュース女子に辛さんがいちゃもんをつけ、朝日、毎日、東京が取り上げ、BPOが審議入りしたが、一連の流れを見て、日本に民主主義はないものかと思う。BPO辛さんこそ問題にすべきだ」と話し、会場から「そうだ」という声が上がった。

 

 また「一番の人権侵害を受けたのは(番組で司会をした)長谷川(幸洋)さん。長谷川さんは発言権がないのに、なぜ東京新聞は彼を降格させたのか。あの一件まで東京新聞は彼が司会をすることを全く問題にしていなかったではないか」と指摘した。「彼が論説副主幹から論説委員に降格されるなんてとんでもない話」とも述べた。

 

 会場には立ち見の人が廊下まであふれ、関心の高さがうかがえた。ほかに杉田水脈(すぎた・みお)元衆院議員、カリフォルニア州弁護士でタレント、ケント・ギルバート氏、評論家の西村幸祐氏、沖縄県東村在住の依田啓示氏、沖縄教育オンブズマン協会会長の手登根安則氏らが登壇した。

 

 また我那覇さんが「会場に『ヘイトスピーチをする団体に会場を貸すのか、と電話がかかってきた』」とも話し、会場がどよめきに包まれる一幕もあった。(WEB編集チーム)

 

もう1つ。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000557-san-pol

東京MXニュース女子問題 「沖縄では君が代は歌えない」「外国人は政治活動ができないという原理原則論で対応を」我那覇真子さんら東京でシンポジウム
産経新聞 3/27(月) 19:25配信

 

 虚偽の内容にあたり、自身の名誉を毀損(きそん)されたとして、市民団体「のりこえねっと」辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会にMXテレビの報道バラエティ番組「ニュース女子」の内容の審議を申し立てたことについて、沖縄県民として同番組に出た「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子(がなは・まさこ)さん(27)らは27日も前日に続き、東京都千代田区で「日本を守る沖縄」と題したシンポジウムを開いた。沖縄県の教育現場では君が代を歌わせないこと、音楽の教科書君が代のページマジックで消したりすることもあるという話が披露されると、どよめきが起きた。

 

 基調講演を行った杉田水脈(すぎた・みお)元衆院議員(49)は「共産党は国会で20議席もとっているが、私たちは少数派。彼らは海外や国連、永田町、霞が関、どこにでも行く。大学教授も圧倒的に左派が多い。それでも色々なことが明らかになっていく。朝日新聞が慰安婦問題の捏造を認め、訂正記事を出した。10年前は考えられなかった。真実はこちらにある。私たちは諦めずに反論していく」と話した。

 

 討論に移り、我那覇さんが「在日問題について」と題し、「(在日韓国人といえども)日本の法に従うのが当然。意見を述べることはできるが、政治活動はできません。反日活動に精を出すのは、非生産的で無駄なことだ」などと書かれた在日韓国朝鮮人3世の意見を披露。

 

 武田邦彦・中部大特任教授(73)は「反日活動を政府が後押しするのはとんでもない。(平成4年に慰安婦問題で韓国の盧泰愚大統領に謝罪した)宮沢喜一首相と(平成5年に慰安婦に対する謝罪談話を出した)河野洋平官房長官(肩書はいずれも当時)は遡って役職を取り消すべき」と述べると大きな拍手が起きた。

 

 評論家の西村幸祐氏は「辛淑玉氏のようなノイジーマイノリティー目立つ外国人日本で政治活動をするな、という原理原則論対応すべき」と述べた。

 

 杉田氏は「外国人への生活保護厚生省(当時)通達しか根拠がない。それなのに、生活保護なくせないのは、(なくせ、と主張する)政治勢力少ないからだ」と話した。

 

 手登根安則(てどこん・やすのり)沖縄教育オンブズマン協会会長が「沖縄県祖国復帰前日の丸を自分で作ったそれが今は、君が代を歌わないんですか、と先生にきくと、とんでもないと怒鳴られる音楽の教科書は、君が代の部分をマジックで塗ったり、紙を貼らせたりする」と沖縄の教育現場の実情を説明すると、会場からは「ええっ」というどよめきが起きた。(WEB編集チーム)

 

在日朝鮮・韓国人は、常に「被害者」を前面に押し出し、様々な反日活動をしてきたが、まあ、もはや、そんなことが簡単に通用する時代ではないだろう。

 

日本国民は、ネットで様々な情報を入手できるようになったため、左にねじ曲がった新聞やテレビが「報道しない真実」も、かなり手に入れることができるようになった。

 

☆☆☆

 

日本は、世界中のどんな国と比べても遜色がないほど、キチンとした教育がなされている。

 

ここで、差別だ何だと騒いでも、「逆に、あんたたちがおかしいんじゃないの?」という感じだろう。

 

「まだ改善できる部分」は確かにあるだろうが、日本人は、日本人であることに誇りを持ち、世界に冠たる存在として、努力を続けていかなければならない。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)

日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)

 

出版社からのコメント

通算12刷突破のロングセラー!

本書<まえがき>より 

幸せは大切にしなければなりません。なぜなら幸せは、国が立派であって初めて得ることが出来るものだからです。国が立派でも、国民の一 人一人が立派でなければ、いずれ国は滅びてしまいます。ですから、日本の若者よ、背筋をシャンとしてお立ちなさい。そして、 自信と誇りをもって前に進みなさい!
私は、日本を心の故郷と思っています。そして、心から祖国日本に栄えあれと念じています。日本の若者が強く大きく大地に立ち、自信一杯、誇り一杯で、お国をリードし、世界の平和を守る姿を見たいと願っております。

 

内容(「BOOK」データベースより)
こんなに日本を愛してくれる人たちがいるだろうか…日本人であることを誇りに思い、日本人として生きた台湾人女性が証言する、当時の日本人像。終戦まで日本人として生きた台湾人著者からのメッセージ。

平成28(2016)年度の入国拒否は5805人(前年比25・9%増加)!

 

氷山の一角にしかすぎないと思われる。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000115-jij-pol

16年の入国拒否5805人=インドネシアが9割増―法務省
時事通信 3/24(金) 17:08配信

 法務省は24日、入国目的に疑義があるなどとして2016年に入国を拒否した外国人数が前年比25.9%増の5805人だったと発表した。

 

 5000人超えは8年ぶり。国別でトップは、査証(ビザ)免除で来日者が増えているインドネシアで、同86.8%増の1683人だった。

 

 インドネシア人査証の一部免除措置が始まった14年の40人から約40倍激増。法務省は「査証免除だから簡単に入国できると思って来るケースが増えている」と分析している。以下、タイ1002人、台湾579人だった。

 

 拒否の理由では、不法就労目的ながら観光や短期商用などと偽っていると疑われる者が4205人と最多。次いで過去に強制退去処分を受けて入国拒否措置の期間中だったなど「上陸拒否事由」に該当した者が922人だった。 

※ 赤字・太字は、管理人による。 

 

やはり、先進国以外で、査証免除は、よくない感じがする。

 

〈アマゾンへのリンク(その1)〉

堕ちた女の棲む孤島 ブラックアジア インドネシア辺境編 (ラピュータブックス)

堕ちた女の棲む孤島 ブラックアジア インドネシア辺境編 (ラピュータブックス)

 

内容紹介

ブラックアジアシリーズ第3弾。世間から、宗教社会から、忌み嫌われ、山奥の村に棄てられた女たち。インドネシアの孤島で彩られる、堕ちた男女が一瞬だけ人生を交差させた、決して成就することのない幻のダーク・ラブストーリー。

 

内容(「BOOK」データベースより)
闇に身を委ねなければ、闇の哀しみに触れることはない。世間から、宗教社会から、忌み嫌われ、山奥の村に棄てられた女たち。堕ちた男女が一瞬だけ人生を交差させた、決して成就することのない幻のダーク・ラブストーリー。ブラックアジアシリーズ第3弾!

 

〈アマゾンへのリンク(その2)〉

誇れる祖国「日本」 真の近現代史を読み解き、民族の誇りを取り戻せ

誇れる祖国「日本」 真の近現代史を読み解き、民族の誇りを取り戻せ

 

 「日本人の誇り」はどこに行った?

 

若者よ、歴史を知り、日本を再興せよ!

 

大震災、世界規模での経済危機、アジアを取り巻く外交の混乱……。
今、日本は戦後最も大きな「国難」を迎えていると言っても過言ではありません。

 

こんな時代だからこそ、「日本」という国の素晴らしさを再認識し、今後どのような道を進むべきかを考えないといけないのではないでしょうか。
本書は、日本の「歴史」「内部崩壊」「外交危機」という3つを大きなテーマとし、日本の正しい姿、あるべき姿を浮き彫りにすることで、読者にもっと日本人としての誇りを持ってもらい、日本再興の一助につなげる「救国の書」です。

 

中国人、韓国人の犯罪(偽装結婚、威力業務妨害)を紹介

 

日本が、外国人によって、蝕まれているのではないか?

 

日本人の皆さんには、何とか、日本を守ってほしい。 

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000538-san-soci

偽装結婚容疑 中国籍と韓国籍の男女ら3人逮捕 在留資格を得るために
産経新聞 3/22(水) 14:08配信

 日本での在留資格を得るため虚偽の婚姻届を提出したとして警視庁中央署は、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、中国国籍で住所不定の女性従業員、林●(=増の旧字体)文容疑者(36)ら男女3人を逮捕した。

 

 ほかに逮捕されたのは東京都中央区日本橋の派遣社員、槙嶋竜容疑者(32)と韓国籍で埼玉県戸田市の派遣社員、李大地容疑者(34)。

 

 3人の逮捕容疑は平成26年3月上旬、林、槙嶋両容疑者が結婚したとする虚偽の婚姻届を提出。都内の区役所に実態とは異なる内容の戸籍を作成させたとしている。

 

 同署によると、林容疑者は都内のマッサージ店勤務在留資格を得るために李容疑者と共謀して槙嶋容疑者との結婚を偽装した。槙嶋容疑者は李容疑者から偽装結婚の報酬として100万円を受け取っていたという。調べに対し、槙嶋、李両容疑者は容疑を認め、林容疑者は「結婚したのは事実だが、偽装ではない」と容疑を否認している。

 

次の記事。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000502-san-soci

「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁 沖縄の米軍基地反対運動
産経新聞 3/22(水) 0:24配信

 警察庁の白川靖浩官房審議官は21日の参院沖縄北方特別委員会で、沖縄県での米軍基地反対運動に関連して平成27年以降に沖縄県警が威力業務妨害などの容疑で41人を逮捕し、このうち4人韓国籍だったと明らかにした。「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」と述べた。自民党の山田宏氏の質問に答えた。

 

 米軍基地反対運動をめぐっては、東村などの米軍北部訓練場や名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ周辺での抗議活動参加者による威力業務妨害事件相次いで発生している。

 

 9日の参院内閣委員会では、警察庁の松本光弘警備局長が「反対運動行っている者一部には極左暴力集団確認されていると承知している」と指摘し、反対運動に過激派関与している実態を明らかにしていた。

 

本当に、外国人の横暴が止まらない、といった感じだ。

 

〈アマゾンへのリンンク〉 

報道されない近現代史

報道されない近現代史

 

 

書類の9割は偽造か!?適当な国「ネパール」からやってくる「出稼ぎ留学生」たち!

 

こういう「適当な国」というのは、けっこう多い。

 

日本が、しっかりし過ぎているのだ。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00088364-okinawat-oki

日本留学あっせんで書類偽造横行 沖縄タイムス記者がネパール現地取材
沖縄タイムス 3/14(火) 8:45配信

 日本語教育機関(日本語学校)への留学をあっせんするネパールの仲介業者の間で、入国審査時に提出する経費支弁能力(経済力)の証明書類の偽造横行していることが、13日までに現地の複数の関係者の証言で分かった。銀行や「コーポレーティブ」(民間金融組織)の名義で虚偽の預金残高・収入証明書を作る手口で、留学期間中の学費や生活費を賄う十分な経済力があるように見せかけ、入国審査を通過させている。本紙記者が2月1~8日、県内留学生の約8割を占めるネパールで取材し証言を集めた。一方、法務省入国管理局や県内日本語学校も全ての文書の真偽確認しようがないとしている。(社会部・知花徳和)

(写真等へのリンク省略)

 本来日本語学校への留学は、働かなくても生活できる経済力のある者しか入国を認められない仕組みだが、県内では、法律が定める上限(週28時間)を超える長時間労働をしなければ、困窮する留学生が常態化している。証明書類の偽造が、留学生の不法就労を生む温床となっている可能性がある。

 

 現地の複数の関係者によると、仲介業者は入国審査を乗り切るため「コーポレーティブ」の名義で、実在しない留学希望者の親族などの「残高・収入証明書」を作成している。「コーポレーティブ」は親族や仲間内で金銭を出し合う私的な資金調達の組織で、ネパール国内数千あるとされる。数が多い上に公的機関ではないため偽造の実態が明るみに出にくいという。

 

 一方、こうした実態を踏まえ、法務省は近年「コーポレーティブ」の証明書に関する審査を厳格化している。代わりに、銀行名義の残高証明や「教育ローン」で経費支弁の書類を出すケースもあるが、現地の日本語学校の校長は取材に「銀行の印鑑も容易に作れる」と証言。県内の学校関係者も「公休日など銀行が休みの日付に発効され、一目でうそと分かる銀行名義の証明書も散見される」とした上で「文書の9割は疑わしいが、詳細な確認はしない」としている。

 

 ネパールでは、日本の日本語学校に留学希望者をあっせんする仲介業者の数数百に上るとされる。業者は、入国審査用の「資料作成経費」名目で留学希望者から約2万~5万円を受け取り、あっせんした学校側からも「紹介料」名目で入学者1人当たり7万~10万円をもらっているという。

 

 

 留学生の経費支弁能力 留学生として日本に滞在している期間中に生じる費用の一切を支払うことのできる経済力を指す。支払い能力があるかどうかが、法務省入国管理局の留学ビザ(査証)認定を巡る審査の最重要事項の一つとなる。

 ※ 赤字・太字は、管理人による。

 

こういう国からの留学は、断った方がよいのではないか?

 

または、日本の金融機関に入金させるか・・・しっかりした対策が必要だろう。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

DHC MEN オールインワン ディープクレンジングウォッシュ
 

 

韓国人(窃盗)とイラン人(殺人)の犯罪を紹介

 

電車の中は、要注意。

 

※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000536-san-soci

「仕事はスリ」46歳、韓国籍男を逮捕 「朝は銀座線、夜は山手線狙っていた」
産経新聞 3/14(火) 12:36配信

 JR山手線内でスリをしたとして、警視庁捜査3課は窃盗容疑で、韓国籍の東京都台東区寿、無職の陳晟瑚(チンソンホ)容疑者(46)現行犯逮捕した。容疑を認め、「朝は東京メトロ銀座線を狙い、夜はJR山手線を狙っていた。仕事はスリだ」と供述しているという。

 

 捜査3課によると、今年に入って山手線などでは46件(計約180万円)の被害があり、関連を調べている。

 

 逮捕容疑は13日午後6時ごろ、山手線新橋駅~有楽町駅の電車内で、千葉県印西市の会社役員男性(58)のビジネスバッグから現金4万3870円が入った財布を盗んだとしている。警戒中の捜査員が犯行を確認し、取り押さえた。

 

やれやれ・・・。 

 

次の記事。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00002144-cbcv-soci

イラン人殺人事件で知人を逮捕 名古屋市
CBCテレビ 3/15(水) 23:56配信

 15日朝早く名古屋市北区の路上イラン人の男性首から血を流して倒れているのが見つかり、その後死亡した事件で、警察は知人のイラン人の男殺人の疑いで逮捕しました。

 

 逮捕されたのは北名古屋市に住むイラン国籍アフマディアン・アリレザ容疑者(24)です。

 

 西枇杷島警察署などによりますと、アフマディアン容疑者は、自宅アパート近くの路上で知人でイラン国籍のモハマドハニ・ナデルさん(43)の首を刃物のようなもので刺すなどして殺害した疑いが持たれています。

 

 アフマディアン容疑者は部屋でモハマドハニさんと他のイラン人男性2人と酒を飲んでいましたが、モハマドハニさんと口論になりもみ合いになったとみられています。

 

 一緒に飲んでいた男性2人が刺されたモハマドハニさんを別の知人が住む名古屋市北区まで車で運び、その知人が通報。

 

 逃走していたアフマディアン容疑者は、およそ3時間半後に北区の通報場所近くに現れ、警察に任意同行、逮捕されました。

 

 アフマディアン容疑者は容疑を認めているということです。

 

もちろん、全員ではないのだが、イラン人は、問題がある場合が多い。

 

とりあえず、不法滞在ではないか、不法就労をしていないか、確認した方がよいだろう。

 

〈アマゾンへのリンク〉

DHCforMEN 薬用シェービング ジェル 140ml

DHCforMEN 薬用シェービング ジェル 140ml