中国人の犯罪(過失運転致死・ひき逃げ、漁業主権法違反、偽造通貨輸入罪)を紹介

 

これも、ちょっと古い記事だが・・・。

 

すべて、産経新聞の記事から。

 

※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。

http://www.sankei.com/affairs/news/170418/afr1704180009-n1.html

2017.4.18 10:48

ひき逃げ容疑、中国人逮捕 茨城のバイク男性死亡

 

 栃木県警小山署は18日、自動車運転処罰法違反(過失運転致死)道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、小山市梁、中国籍の会社役員、ティエン・ホアンバオ容疑者(50)逮捕した。

 

 逮捕容疑は17日午前8時55分ごろ、自宅敷地から乗用車で県道に出た際、茨城県結城市結城、柔道整復師、徳田正義さん(37)のバイクと衝突し、逃げたとしている。徳田さんは出血性ショックで間もなく死亡した。

 

 小山署によると、ティエン容疑者は約40分後、現場に戻ってきた。 

 

本当に「ふざけるな!」という事件。

 

ご遺族はどんな気持ちだろうか。

 

御冥福をお祈りします。

 

次の記事。

http://www.sankei.com/west/news/170417/wst1704170040-n1.html

2017.4.17 13:12

中国底引き網漁船を拿捕、船長逮捕 五島列島沖、漁獲量過小記載の疑い

 

 水産庁九州漁業調整事務所(福岡市)は17日、漁業主権法違反(操業日誌不実記載)の疑いで、16日に中国の底引き網漁船を拿捕し、船長の叶再林容疑者(37)現行犯逮捕したと発表した。

 

 逮捕容疑は今月14~16日に、長崎県・五島列島の大瀬埼灯台から西約70キロの日本の排他的経済水域(EEZ)で、タイなど900キロを取ったのに、日誌に547キロ少なく記載した疑い

 

 漁船はEEZでの操業許可を日本政府から得ており、水産庁の取締船が立ち入り検査して発覚した。

 

基本的に、中国人は「噓つき」である。

 

中国人と接する機会が多い人なら、みんな知っている。

 

これは、もはや「文化」としか言いようがない。

 

最後の記事。

http://www.sankei.com/west/news/170413/wst1704130071-n1.html

2017.4.13 19:08

「中国の闇工場で作った」偽の旧一万円札を輸入容疑 首謀者?の中国人男を逮捕 大阪府警

 

(1/2ページ)【中国】

 聖徳太子が描かれた旧一万円札の偽札中国から輸入したとして、大阪府警捜査2課などは13日、偽造通貨輸入容疑で、住居不詳、自称自営業の中国籍、周維毅(いき)容疑者(64)逮捕した。

 

■旧日本軍が中国に残した“埋蔵金”話で…

 

 府警は平成27年1月、周容疑者から受け取った偽札を国内へ持ち込んだとして、同容疑で日本人の男2人=いずれも偽造通貨輸入罪などで実刑判決が確定=を逮捕。その後、首謀者とみられる周容疑者指名手配していた

 

 逮捕容疑は、平成25年6月、偽造された旧一万円札約100枚を上海から航空機で中部国際空港(愛知県)に輸入したとしている。

 

 周容疑者は13日未明、香港から関西国際空港(大阪府)に到着した際、逮捕された。調べに対し、「(偽札は)中国国内の闇工場で製造されたものだと知人を介して聞い ていた」と容疑を認めている。

続き。 

http://www.sankei.com/west/news/170413/wst1704130071-n2.html

(2/2ページ)【中国】

 

 府警によると、周容疑者は男らに「日本軍人が残した財産を日本へ持ち帰る事業がある」などと儲け話を持ちかけて偽札を提供。報酬として中国元約4万元(日本円で当時 約60万円相当)を受け取っていたという。 

 

とにかく、中国人には要注意である。

 

信用してはいけない。 

 

〈アマゾンへのリンク〉 

喪家の狗(そうかのいぬ) 実録!在日中国人残虐犯罪

喪家の狗(そうかのいぬ) 実録!在日中国人残虐犯罪

 

内容紹介
彼らはなぜ、あんなに残忍なのか!? 福岡一家殺害事件、中国残留孤児一家殺害・放火事件……不法滞在者のみならず、普通の留学生が、正規ルートの滞在者たちが犯す残虐的な犯罪の数々。本書では、日本で生じた代表的な在日中国人による殺人事件を取り上げ、犯罪の背景、殺人鬼たちの心の闇に迫っていく!

 

出版社からのコメント
中国人同士の殺し合い、留学生が“留学生の父”を殺害する、中国人妻が日本人夫を殺す……もはや、在日中国人による犯罪の猖獗は収拾がつかない状態へと陥っている。本書は中国のトップジャーナリストである著者が、日本で起こった在日中国人による残虐犯罪事件を幾度にもわたり取材し、まとめあげたノンフィクションルポだ。
「警視庁が2004年3月に公表したデータによれば、2003年に立件された外国人犯罪のうち中国人によるものは1万6708件、全体の41.4%を占める。前年と比して31.9%の増加である。2003年に逮捕された外国人留学生刑事犯のうち中国人留学生は1016人、全体の81.1%に上る」(著者より)。
 さらに本書は、『このミステリーがすごい!』大賞受賞作家・東山彰良氏の訳により、殺人鬼たちの心情や事件の残虐性がより鮮明に伝わる!

韓国人(強制わいせつ、強盗致傷)とナイジェリア人(覚せい剤密輸)の犯罪を紹介

 

約一か月近く前の記事ばかりだけど・・・。

 

1つを除いて、すべて産経新聞の記事から。

 

※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。

http://www.sankei.com/west/news/170413/wst1704130073-n1.html

2017.4.13 19:21

路上で女性にわいせつ行為 容疑の韓国籍の男を現行犯逮捕 大阪府警泉佐野署

 

 路上女性わいせつな行為をしたとして、大阪府警泉佐野署は13日、強制わいせつ容疑で、同府泉佐野市旭町、会社員の韓国籍、キム・ジュヌ容疑者(30)を現行犯逮捕したと発表した。

 

 逮捕容疑は、12日午後11時40分ごろ、同市内の路上で、徒歩で帰宅途中だった20代女性後ろから手で口をふさいで押し倒し、わいせつな行為をしたとしている。「女性の顔や口は押さえたが、酔っていて覚えていない」と供述している。女性は足を打撲するなど全治約1週間のけがをした。

 

 同署によると、近くを通りかかった男性(25)がキム容疑者を取り押さえ、近くの交番に引き渡した。

 

 韓国人の必殺技は、「酒に酔っていて覚えていない」だ。

 

韓国社会では、「酒に酔っていたのなら仕方がない」ということで、許されてしまう風潮がある。

 

とにかく、韓国は、おかしいくらいに酒を飲む文化があるからだ。

 

この言い訳は、ハンギョレ新聞の社員が、性犯罪を犯したときも使われている。

 

一応、全文を引用しておく。この記事だけ、朝鮮日報から。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/29/2017042900511.html

サウナで寝入った女性にキス 52歳ハンギョレ新聞幹部起訴

 

 ソウル中央地検の女性児童犯罪調査部(イ・ジョンヒョン部長)は、チムジルバン(韓国式サウナ)の睡眠室で寝入っていた女性に近づいてキスをした準強制わいせつの疑いでハンギョレ新聞社の幹部の男(52)を在宅起訴したことを28日、発表した。

 

 検察によると、この男は2月14日午前5時ごろ、ソウル市中区にあるチムジルバンの睡眠室で寝ていた30代女性に接近、2回キスした疑いが持たれている。検察は「男は被害女性の足に数回触り、眠っているかどうか確認し、反応がなかったため女性の隣に座って体を傾けてキスしたことが捜査で分かった」としている。

 

 被害女性は当時、交際していた男性と一緒に眠っていたが、2人とも気付かなかったため、男は同じ方法でもう一度キスをしたという。2回目のキスの時、被害女性が声を上げて目を覚まし、その場で通報した。男は検察の取り調べに「酒に酔っていて当時のことを覚えていない」と述べたとのことだ。ハンギョレ新聞社は男に対して待機を命じ、懲戒処分手続きに入った。

 

キム・アサ記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

 

民度の低い韓国人は、「我慢をする」をいうことを知らない。

 

欲望のまま、生きている。

 

次の記事。

http://www.sankei.com/west/news/170411/wst1704110078-n1.html

2017.4.11 19:27

覚醒剤密輸疑いで逮捕 ナイジェリア人の男、愛知

 

 愛知県警などは11日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などの疑いで、ナイジェリア国籍の神奈川県大和市、会社役員、エゼ・ウバカ容疑者(46)詐欺罪などで起訴=を逮捕した。県警によると黙秘している。

 

 逮捕容疑は平成26年9月7日、60代の男に南アフリカからスーツケースに隠した覚醒剤約2キロ(末端価格約1億2700万円相当)を運ばせ、密輸しようとしたとしている。

 

 県警によると、運んだ男は同月、県警に覚せい剤取締法と関税法違反容疑で逮捕され、その後、関税法違反罪のみで起訴された。

 

 エゼ容疑者は1月、詐欺容疑で警視庁に逮捕、起訴されている。

 

とにかく、ナイジェリア人は、犯罪者が本当に多い。

 

世界中で、メチャクチャ警戒されている。

 

多くの日本人は、知らないだろうが・・・。

 

 一応、過去記事を紹介。ご注意を。

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

 

最後の記事。 

http://www.sankei.com/region/news/170408/rgn1704080013-n1.html

2017.4.8 07:01

強盗致傷容疑で韓国籍の男逮捕 前橋

 

 前橋東署は7日、強盗致傷容疑で、韓国籍で前橋市若宮町の無職岩本仁志こと金仁志容疑者(48)逮捕した。調べに対し容疑を認めている。

 

 逮捕容疑は7日午前2時30分ごろ、同市上泉町に住む男性会社員(57)の車を物色していたところ、物音に気づいて追跡してきた男性ともみ合い、軽傷を負わせたとしている。

 

 金容疑者は男性が取り押さえた後再び逃走し、通報で現場近くを捜索していた警察官に逮捕された。付近では同様の手口の車上狙い数十件発生しており、同署が関連を調べている。

 

どうしようもない在日韓国人。

 

日本に貢献することもなく、迷惑ばかりをかけている。

 

何で日本に住んでいるんだ。

 

 

悪いことは言わないから、国に帰りなさい。

 

〈アマゾンへのリンク〉

中国人(資格外活動、詐欺未遂)とベトナム人(万引き)の犯罪を紹介

 

一か月前の記事だけど・・・。

 

すべて、産経新聞の記事から。

 

※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。

http://www.sankei.com/affairs/news/170407/afr1704070013-n1.html

2017.4.7 14:32

中国人留学生を「社員」と偽装 在留資格「就労」に変更 報酬5300万円以上、会社役員逮捕


 留学目的で来日した外国人が在留資格不正に更新し、資格外活動をするのを手助けしたとして、警視庁組織犯罪対策1課は、入管難民法違反(資格外活動幇助)の疑いで、東京都練馬区光が丘の会社役員、豊原隆位(たかひろ)容疑者(53)を逮捕した。

 

 逮捕容疑は昨年11月、留学生として来日した20代の中国人男性が在留資格を不正に更新、資格外活動を行うのを幇助した疑い。

 

 組対1課によると、豊原容疑者は自身が役員を務める東京都豊島区東池袋の会社で中国人男性社員として雇用したように偽装。男性が在留資格「留学」から、就労が可能な資格変更するのを助けたという。

 

 豊原容疑者は、平成24年4月から昨年6月まで、同様の不正行為を繰り返していた疑いがある。組対1課は、豊原容疑者が報酬として60万~100万円受け取り、これまでに中国人ら60人以上から計5300万円以上得ていたとみて調べを進める。

 

 不正に在留資格を変更した外国人は、首都圏の居酒屋コンビニなどで働いていたという。

 

こういう外国人は、本当に多い。

 

とにかく、外国人が働いている場合、①就労系のビザを持っているのか、②持っているとして、許された範囲内での仕事か(基本的に、単純労働は不可)という原則を、頭に入れておく必要がある。

 

次の記事。

http://www.sankei.com/west/news/170405/wst1704050053-n1.html

2017.4.5 12:09

「生活費稼ぐため」大量の化粧品万引 ベトナム人留学生ら7人、容疑で逮捕 大阪府警

 

 大型のディスカウントストアやドラッグストアで大量の化粧品など万引したとして、大阪府警国際捜査課が窃盗の疑いで、ベトナム国籍ダオ・テェ・クァン容疑者(23)=東京都豊島区=や留学生ら計7人逮捕していたことが5日、同課への取材で分かった。

 

 国際捜査課によると、クァン容疑者が留学生らを取りまとめ、東京や大阪を拠点としていた。いずれも容疑を認め「学費や生活費を稼ぐためだった」と供述。商品は帰国する別の留学生に頼んでベトナムに運び、転売したとみられる。

 

 クァン容疑者の逮捕容疑は共謀し、昨年10月5日、兵庫県姫路市のディスカウントストアで化粧品25点(計約2万4千円相当)を盗んだとしている。

 

 留学生ら6人は「フェイスブック」を通じて知り合ったベトナム在住者から万引や商品の買い取りを持ち掛けられた。商品はクァン容疑者に送り、1回当たり数万円の報酬を受け取っていた。クァン容疑者はベトナム在住者から指示を受けていたとみられる。

 

ベトナム人の犯罪は、急増中なので、要注意だ。

 

過去記事。 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

 最後の記事。

http://www.sankei.com/region/news/170401/rgn1704010015-n1.html

2017.4.1 07:06

スマホ電子決済使い詐欺未遂 容疑の中国人3人送検 埼玉

 

 他人のクレジットカード情報登録されたスマートフォンの電子決済機能を使ってコンビニエンスストアでたばこだまし取ろうとしたとして、県警国際捜査課などは31日、詐欺未遂の疑いで、住所不詳、無職、于洋(う・よう)容疑者(29)中国籍の男3人逮捕・送検したと発表した。同課によると、スマホの電子決済機能を使った詐欺事件の摘発は全国初

 

 逮捕・送検容疑は何者かと共謀し、3月26日午後6時半~27日午前6時ごろ、川口市内のコンビニで、神奈川県の男性のクレジットカード情報が登録されたスマホの電子決済機能を使ってたばこなどの購入を申し込み、30日午前2時半ごろ、商品をだまし取ろうとしたとしている。

 

 同課によると、28日にクレジットカード会社から川口署に相談があり事件が発覚。于容疑者らはたばこなど約3100点(計約1500万円相当)を注文、一部を受け取ったが商品がそろわず、30日に再度受け取りに来たところを同署員が確保した。同課は詐欺容疑でも捜査を進める。

 

 同課によると、于容疑者は容疑を認め、他2人は「やってません」などと否認している。 

 

 中国人が「やってません」というのは、いつものパターン。

 

現行犯で捕まえられても、知りませんとか、関係ありませんとか言うヤツラだ。

 

それにしても、全国初の犯罪を、外国人がするというのが、やれやれという感じだ。

 

どんなに善良そうな中国人でも、管理人の経験上、だいたい「嘘つき」である。

 

本当に、ご注意を。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

無防備国家・日本―侵略、テロ、工作活動、外国人犯罪、全てに弱いスパイ天国(OAK MOOK 344 撃論ムック27)

無防備国家・日本―侵略、テロ、工作活動、外国人犯罪、全てに弱いスパイ天国(OAK MOOK 344 撃論ムック27)

 

 

人種差別・対日偏向報道が激しい「欧米メディア」!それをありがたがるバカな「日本のメディア」!

 

日本のバカなメディアは、本当にどうにかならないのか。

 

※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。なお、記事中、元々太字だった部分は、アンダーラインで表示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170425-00010000-voice-pol

まだいうか、安倍ファシズム! 欧米メディアの対日報道は偏向に満ちている
PHP Online 衆知(Voice) 4/25(火) 12:10配信


言葉の使い方が逆
古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員)×アール・キンモンス(大正大学特任教授)

 

 古森 アール・キンモンスさんは日本史研究(社会史・思想史)が専門の学者です。アメリカの名門ウィスコンシン州立大学で博士課程を修め、同博士号の論文を基に『立身出世の社会史』(TheSelf-MadeManinMeijiJapaneseThought、玉川大学出版部)という本を書きました。さらにイギリスのシェフィールド大学で研究を重ね、1999年からは、日本の大正大学で特任教授を務めています。
 たいへん興味深いことに、キンモンスさんは研究テーマとして「欧米のマスコミが日本をどのように報道してきたか」を多年にわたり分析し、「海外マスコミにおける日本のイメージ」という研究報告をまとめています。
 私が長年、ワシントンでアメリカの政治や外交を取材して感じるのも、まさに対日報道の在り方に問題がある、という点です。とくに『ニューヨーク・タイムズ』などリベラル系のメディアでは、日本に関する偏見に近いイメージから報道が行なわれておりアカデミズムの領域でも、なぜか日本研究に携わるアメリカ人学者のなかに誤った対日イメージをもつ人が多い
 たとえばアメリカのメディアは、安倍晋三首相に対して「右翼」や「軍国主義者」「歴史修正主義者」など侮蔑的なレッテル表現再三、批判をぶつけてきました。しかも根拠が不明のままに、です。
 これは安倍氏個人のみならず、日本の国際的なイメージを貶めており、とうてい看過できません。キンモンスさんはどのように感じていますか。

 

 キンモンス 私も、安倍首相「ファシスト」や「ナショナリスト」などと表現する記事数多く目にしてきました。最近はトランプ大統領が悪役になっているおかげでだいぶイメージが改善しているようですが(笑)。しかし、おっしゃるように欧米ではいまだに安倍氏をファシズムやナショナリズムの文脈で語っています。
 しかしそもそも、政府のリーダーがナショナリストではない国が世界に存在するでしょうか。あったとしたら、そのほうが問題です。また、アメリカのアカデミズムでいわれる歴史修正主義者(revisionist)とは、むしろ伝統的な歴史観に異を唱えるリベラルな学者を指すことが多い。日本では右翼に対して「おまえは歴史修正主義だ」と批判することが多いですが、アメリカとは言葉の使い方が逆です(笑)。

 

 古森 ちなみに、日本の左翼とアメリカのリベラルも少し意味合いが異なりますね。アメリカでは、日本の左翼のように共産主義者や社会主義者のことではなく、自由でオープンだけれども政府が大きな役割を果たす社会とか、伝統的な価値観や歴史に批判的な人びとをリベラルと呼んでいる。その意味で、キンモンスさんも決して右翼でも左翼でもないということになりますかね(笑)。
 私は、NBR(TheNationalBureauofAsianResearch)というインターネット上の論壇サイトでキンモンスさんのことを知りました。NBRに寄せられる批評の論調も全体としては対日批判が色濃く、私自身もバッシングの対象になったことがあります。しかし、そのなかでもキンモンスさんのコメントは冷静で、「アメリカの日本研究者にもこれほど歪みのない視点をもった人がいるのか」と知って驚いた記憶があります。

 

 キンモンス 私は長くイギリスに住んでいた経験から、ヨーロッパの常識的な見方からして、安倍氏は中道右派(centerright)である、と思っています。彼のことを右翼(rightwing)と呼ぶのは、日本の街中で軍服を着て大音量で軍歌を流す車に乗っている人、というイメージ。イギリスやアメリカでrightwingというのは「最小の政府こそ最善である」と考え、「小さな政府」を推進する人たちのことです(たとえばイギリスのサッチャー元首相など)。具体的には、民営化や規制緩和による財政削減をモットーとする政治家などを指します。
 もし仮に安倍首相がアメリカの定義でいうところの「右翼」であれば、彼はただちに日本の国民皆保険制度を廃止して人工妊娠中絶を禁じ、教室での祈祷を法制化して銃の所持を解禁することでしょう。しかし、これらはどれも安倍首相の政策には当てはまりません。彼を「ファシスト」ということさえあるアメリカのメディアは、たんに安倍氏を批判したいために安直な言葉を持ち出しているにすぎない気がします。 

 

続き。 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170425-00010000-voice-pol&p=2

「日本会議は圧力団体」はナンセンス

 

 古森 おっしゃるように、アメリカの一部メディアは安倍氏を批判するため、意図的に悪意のあるレッテル貼りを行なっています。その結果、いまや日本に関する偏向報道安倍首相にとどまらず、その周辺にまで及んでいる。たとえば憲法改正を掲げ、安倍政権を支援する日本会議という民間団体があります。アメリカのメディアは、あたかもこの団体が安倍政権を裏で動かしているかのように「日本会議が日本の政治を支配している」と書いています。また同じ歪みの傾向として「日本政府は言論を弾圧している」「日本の改憲の動きは軍国主義の復活だ」などと報じています。アメリカの『THE DAILY BEAST』なるメディアに至っては、日本会議について「日本を裏から操るカルト」という見出しの記事を載せ、日本会議をカルト教団呼ばわりさえしている。カルト(cult)というのは、日本でいえばオウム真理教のようなテロまで行なう集団のことですよ。きわめて悪質で異常な報道といわざるをえません。

 

 キンモンス まったくナンセンスですね。その種の外国メディアは「日本会議は政権を動かす圧力団体」と報じていますが、日本会議の会員数約3万8000人だそうです。全米ライフル協会の会員数をご存じですか? 400万人ですよ(笑)。こういう組織こそ「圧力団体」というのであって、先ほどの右翼の例と同じく、言葉の意味を理解しないまま批判の道具に使っている。

 

事実すら伝える力がない日本のメディア

 

 古森 欧米のリベラル系メディアが、事実を曲げてまで日本叩きや陰謀説繰り返し流す理由はどこにある、と考えていますか。

 

 キンモンス 安倍首相や日本という国いくら批判しても反撃してこない、都合のよい対象だからではないかと思います。たとえばアメリカの新聞やテレビがアメリカの政治家を批判すると、反撃を受けることが多い。とくにトランプ大統領の場合は、即座に彼のツイッターや記者会見で「偽メディア」という反撃が返ってくる。その点、日本は安全です。それでおとなしい日本を批判し、自分たちが進歩的な言論を行なっているという自己満足に浸っている。そうした歪んだ心理構造があるのではないか、と私は考えています。

 

 古森 それは納得のいく説明ですね。その一方で、日本のメディア現地で取材もせず、ひたすらアメリカの『ニューヨーク・タイムズ』や『ワシントン・ポスト』、3大テレビネットワーク(CBS、NBC、ABC)のようなリベラル系メディアの流したニュースを輸入して再生産しているだけです。だから、アメリカ国民の本当の声がまったく伝わってこない。

 

 キンモンス アメリカ人の民意が日本にあまり伝わっていない例として、2017年1月にトランプ大統領が発表した移民の入国禁止令が挙げられます。トランプ政権が行なう移民政策については、さまざまな意見があります。アメリカのある世論調査では国民の49%がトランプ大統領の政策に賛成しており、反対の41%を上回っている。しかし、日本の新聞、テレビはこうした側面よりも大統領令に反対する人びとの動きのほうを大きく取り上げていました。

 

 古森 まさにそのとおりで、いまキンモンスさんが挙げた数字はロイター通信によるインターネット調査の結果ですが、ギャラップなど他の機関が行なった世論調査でも、総じて移民入国禁止令への賛成が反対を上回っています。ラスムセンという大手世論調査会社の結果に至っては、賛成が57%、反対が32%という大差がついている(例外はCNN調査で、53%が反対)。日本では衛星放送・ケーブルテレビで比較的、流れているのでCNNの認知度が高く、鵜呑みにする人が多いのですが、本国のアメリカではFOXと比べて半分以下の視聴率です。完全に傍流メディアの位置付けですよ。
 ところが日本のメディアはトランプ大統領の移民政策をめぐる議論以前のレベルで、事実を伝える意欲がないようなのです。アメリカの左傾メディアの受け売り報道を行なっているのです。結果として、大統領選挙のときはトランプの勝利を読み誤り、それでもなお懲りずに、いまだにトランプ大統領や安倍首相を叩いて進歩派気取りで溜飲を下げている日本の報道がこのレベルに留まっているうちは、韓国や中国が繰り出す「日本は軍国主義の戦争犯罪国である」「安倍首相は20万人の性奴隷の罪を認めよ」という偽りの宣伝に抗し、正しい歴史を世界に向けて発信するのは無理だといわざるをえません。 

 

記事の最後の部分は、本当にそのとおりである。

 

腹立たしい限りだが。

 

続き。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170425-00010000-voice-pol&p=3

はっきりいえば人種差別的な思想

 

 キンモンス 先ほどお話しした日本に対する欧米メディアの報道の歪みは、政治だけではなく、経済・経営論においても顕著だと私は考えています。出生率の低下やひきこもり、離婚率の上昇といった社会的な現象だけではなく、たとえば日本で企業の不祥事が起きると、イギリスやアメリカのメディア必ずといってよいほど、それらを「日本人の文化」のせいにする論調があります。
 たとえば2010年1月にトヨタ自動車がカローラ、RAV4、カムリなどのリコール(回収・無償修理)をアメリカで発表したとき、英語圏のメディアには「日本人の無責任体質」といった文化・風土に基づく批判的論評が山ほど掲載されました。2017年の現在に至っても、欧米メディアの風潮は基本的に同じです。たとえば東芝の巨額損失が報道されたときも、「頼まれたら断れないという日本文化」が目標達成のために架空の売り上げを計上する粉飾決算の体質を生んだのだ、というふうに。
 ところが他方、アメリカの企業で不祥事や不正が発覚しても、その理由として文化という言葉はいっさい出てこない。たとえば2014年、GM(ゼネラル・モーターズ)のリコール隠しが問題になりました。イグニッション(点火)スイッチの不具合によって死者が出ていたにもかかわらず、GMはそれを発表しなかった。しかし、この事件をアメリカ人の文化のせいにする論調は皆無でした。この差はいったいなぜ起きるのでしょうか。

 

 古森 悪しき日本文化原因論や、はっきりいえば人種差別的な思想に基づくアメリカの「日本人特殊論」「日本異質論」は1980年代からあったように思います。徹夜で働く日本のサラリーマンや、都会の満員電車の光景をテレビで流して揶揄するというのもその一端でした。

 

「アメリカ人には文化がない」

 

 キンモンス そこでいま、私が慶應義塾大学で行なった講義や研究を基に構想中の本があります。タイトルはAmericansAin’tNoCulture。

 

 古森 日本の読者に向けて説明すると、「ain’t」という言葉は「amnot」や「aren’t」「isn’t」「hasn’t」「haven’t」(「~がない」「~をもっていない」の意)を全部ひっくるめた省略語で、単数形も複数形も気にせずに使えるスラング的表現のことですね。

 

 キンモンス 要するに、下品な言葉遣いのことです(笑)。

 

 古森 キンモンス先生の本のタイトルを直訳すると、「アメリカ人には文化がない」。おまけに「ain’t(=not)」と「no」が重複しているから、文法上も間違っています。二重の意味であえて下級で下品に響くタイトルになっているわけです(笑)。もちろん皮肉を込めているからです。
 しかし個別の特殊な事例を日本人全体、日本全体の文化のせいにして日本人を貶めるのは間違いです。アメリカの過激な日本研究者たち「日本軍の組織的な強制連行による20万人女性の性的奴隷化」といって日本を糾弾した背景にも、日本人女性の人権を軽視する文化的に遅れた民族だというジェンダーフリー思想に基づく対日差別があります。こうした誤った見方に対しては、日本国民を代表するという意味で日本の政府機関まず正式に反論するべきです。日本のメディア徹底抗戦しなければならない。キンモンスさんのように良識ある学者が世界にいることを励みに、私も微力ながら発信していきたい、と考えています。

 

古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員)×アール・キンモンス(大正大学特任教授) 

 

日本人は、いい加減、欧米から「差別を受けっぱなし」だと気づくべきだし、メディアはキチンと報道しなさい。

 

この「差別」は、明治以来、何も変わっていない。

 

あらゆる国際舞台で、先人たちがどんな苦労をしてきたか。

 

ウィキペディアから。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%A8%AE%E7%9A%84%E5%B7%AE%E5%88%A5%E6%92%A4%E5%BB%83%E6%8F%90%E6%A1%88

人種的差別撤廃提案(じんしゅてきさべつてっぱいていあん Racial Equality Proposal)とは、第一次世界大戦後のパリ講和会議の国際連盟委員会において、大日本帝国が主張した、人種差別の撤廃を明記するべきという提案を指す。イギリス帝国の自治領であったオーストラリアやアメリカ合衆国上院が強硬に反対し、ウッドロウ・ウィルソンアメリカ合衆国大統領の裁定で否決された。国際会議において人種差別撤廃を明確に主張した国日本が世界で最初である。 

 

第二次世界大戦の直前、世界中で、「有色人種」の「独立国家」は、日本とタイだけと言っていい状況であった。

 

こんな状況で、本当に日本が悪かったのか?

 

侵略者でしかない「白人国家」の言うことを、いまだに、ありがたがるメディアの根性を叩き直さなければならない。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

歪曲報道: 巨大メディアの「騙しの手口」 (新潮文庫)

歪曲報道: 巨大メディアの「騙しの手口」 (新潮文庫)

 

内容紹介
日本人を貶めるためなら、事実の歪曲どころか歴史の捏造さえ厭わない。それが巨大メディアの正体だ。殺人鬼を野に放ち更なる犠牲者を出した朝日新聞と共同通信。カルト教団に取材テープを見せ、無辜の命を奪ったTBS。ついに白日の下に晒された、吉田清二による「従軍慰安婦狩り」証言のウソ……。ニュースには、必ず偽物がまじっている。反日ジャーナリズムの欺瞞を暴く、驚愕の書。

 

内容(「BOOK」データベースより)
朝日新聞「従軍慰安婦」問題を徹底検証!新聞・テレビの欺瞞を暴く。

 

日本の「第二の国旗」ともいうべき「旭日旗」を侮辱する韓国を許すな!NHKも事実をキチンと報道しなさい!

 

韓国というバカな反日国家に、毅然と立ち向かいつつ、国際的にも「反日国家が、嫌がらせをしているだけ」と、主張し続けなければならない。

 

今回、NHKの記事を紹介するが、事実を正確に報道していない。NHKは「反日メディア」だということを如実に示している。

 

以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。なお、記事中、元々太字だった部分は、アンダーラインで表示した。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170504/k10010970801000.html?utm_int=news-sports_contents_list-items_006

川崎の旭日旗問題 執行猶予つきで無観客試合の処分

5月4日 17時06分

 

サッカーのACL=アジアチャンピオンズリーグの先月の試合で、川崎フロンターレのサポーターが、旧日本軍軍の旗として使った旭日旗を掲げた問題で、AFC=アジアサッカー連盟はフロンターレに対し、1年間の執行猶予つきでAFC主催の1試合を無観客試合とする処分を決めました。
この問題は、先月25日に韓国で行われたACLの1次リーグ第5戦、川崎フロンターレ対韓国のスウォンとの試合で、フロンターレの男性サポーター2人が観客席で旭日旗を掲げたものです。

 

旭日旗旧日本軍軍の旗として使っていたことから、韓国では、これまでもスポーツの会場で反発が出ていて、試合を主催するAFCが処分を検討していましたが、AFCの裁定委員会は、旭日旗は「差別的メッセージに当たる」などどして、フロンターレに対し、1年間の執行猶予つきでAFC主催の1試合を無観客試合とすることと、罰金1万5000ドルの処分を決めました。

 

今後、1年間にサポーターが再び問題とされる行為を起こした場合、これらの処分が下されることになります。

 

Jリーグでは、ガンバ大阪の試合でナチス・ドイツの親衛隊のマークに似た旗を振ったり、徳島ヴォルティスの試合でボールパーソンに液体を振りかけるなど、サポーターをめぐる問題が相次いでいます。

 

川崎「決定は非常に残念」

 

AFC=アジアサッカー連盟が、1年間の執行猶予つきでAFC主催の1試合を無観客試合とするなどの処分を決めたことについて、川崎フロンターレは「旭日旗には政治的な意図や差別的な意図はないというのが、クラブとしての考えなので、今回の決定は非常に残念」とコメントしています。そのうえで、今後、AFCに対して、処分の理由や経緯について改めて確認し、回答の内容によっては、異議申し立て検討するとしています。

※ 赤字・太字は、管理人による。

 

本当に、NHKの記事はヒドイ。

 

だいたい、日本軍の旗として使ったのは、日章旗(いわゆる日の丸)も同じである。無知も甚だしい。

 

また、旭日旗は、今でも海上自衛隊で使っている。

 

そして、韓国が旭日旗で大騒ぎし始めたのは、2011年に韓国の「反日サッカー選手」が、日本人を「サル」呼ばわりした事件からだ。

 

もしかすると、経緯を知らない人もいるかもしれないので、ウィキペディアから引用する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E6%97%A5%E6%97%97

韓国および韓国人の反応
大韓民国では旭日旗近年まで批判の対象とされていなかったが、2011年1月のサッカー日韓戦日本人を侮蔑するパフォーマンスを行った韓国代表の奇誠庸人種差別にあたるという批判に対して「観客席にあった旭日旗への報復のために行った」(実際に観客席に旭日旗は掲げられていなかった)と言い訳をしたことを契機に、韓国世論は旭日旗に問題があり、国際社会から追放するべきと主張するようになった。 また、2012年8月10日に起きた李明博大統領の竹島(韓国名:独島)上陸とその直後に開催されたロンドンオリンピックサッカー3位決定戦において、朴鍾佑選手が「独島はわれわれの領土」と書かれたプラカードを競技場で高く掲げるという行動をしたが、これについて日本は抗議し国際オリンピック委員会(IOC)もそのような政治的行動を問題視した。これに対して韓国では旭日をあしらってデザインされたとみえる日本のユニホームなどをはじめ、「旭日旗のほうが問題だ」として抗議、韓国国会議員・韓国世論・在米韓国人らの旭日旗への抗議は加速し、旭日旗を「戦犯旗」と呼んだり「ナチス党旗と同じ性格の旗(ハーケンクロイツ)」とまで主張するようになった。
ロンドンオリンピックの直後に韓国は国際オリンピック委員会(IOC)に旭日旗に問題があると訴え、説明をしたが、IOC関係者は、そのような問題意識は初めて聞く内容であったとし、またIOCのジャック・ロゲ委員長も朴鍾佑選手の竹島プラカード問題は政治的表現禁止規定違反だが、日本の旭日デザインは違反とはならないという判断を示した。また、韓国は第二次大戦中に日本の植民地となった国々にも協調を呼びかけたが、理解は得られず(中国は韓国の問題意識は理解しつつも、国家間で決めることであり、スポーツの場で訴える内容のものではないと述べている)、韓国の新聞社は旭日旗を見ると韓国人は怒りがこみ上げるが、国際社会では何も問題とされておらず、「もう一つの国旗」程度と認識されている事を伝え、「政治家が外交的に先に解決すべき問題」と主張している。産経新聞では、韓国の旭日旗に対する姿勢を批判し、第二次大戦中に日本の相手であった米国でさえ、旭日旗に対してなんの抗議もしていないし、それどころか友軍の旗として自然に敬意を表してくれているとしている。 

 

本当に、NHKは、何を考えているんだ。

 

日本の「第二の国旗」ともいうべき「旭日旗」を侮辱するバカな国の方が問題なのに、さも日本側が悪いかのような書き方だ。

 

NHKのおかしな記事は、今回だけではない。過去の記事をいくつか紹介。 

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

  

www.imin-nanmin-gaikokujin.com

 

 もはや、常識ある日本人は、明治遺跡群の世界遺産登録の際の出来事や、慰安婦像の関係などで、韓国は「単に嫌がらせをしたいだけ」のバカな国だと分かってしまっている。

 

NHKは、こんないい加減な記事を書くようなら、民進党と同じく、国民の支持を失ってしまうだろう。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

NHK捏造事件と無制限戦争の時代

NHK捏造事件と無制限戦争の時代

  • 作者: 藤井厳喜,ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ
  • 出版社/メーカー: 総和社
  • 発売日: 2009/11/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 6人 クリック: 32回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

内容紹介
情報戦の初の本格的な教科書誕生!

 

視聴者から公共放送として高い信頼を得ているNHKの実態が、シナ共産党の影響下にあり、偏った番組制作や報道をしているという事実は、あまり知られていない。しかし「情報戦争」という国際政治のリアリズムで直視するなら、外国勢力のこうした工作は常套手段であり、「常識」とさえいえる。


本書は21世紀型の戦争である「情報戦争」の実態・構造・歴史などを国際問題アナリスト、未来学者である著者がわかりやすく解説する。

 

著者が取材を重ね続けたNHK捏造事件「JAPANデビュー“アジアの一等国”」放映以後の、反NHK運動の詳細をはじめとし、歴史問題、最近の世界の情報戦争の実例等、多くの写真と図解チャート、関係図等で視角的にも、誰でもが予備知識ゼロから理解しやすいよう工夫されたビジュアル・ブックである。

 

情報戦争に関する「永久保存版のテキスト」であり、関係分野のガイドブックとしても使える「辞典」としての役割も有している。

 

取上げるテーマ、それぞれにNETとの連動が意識され、WEBやYouTube動画等を中心に、常に「最新の情報」へのフォローアップが有機的に更新されるような工夫も想定された画期的で新しい「本」の形態を模索し、創られている。

 

更に、本書の特設専用サイト『NHK情報戦争.COM』(最新データ・フォローアップ)も用意され、読者専用の特典ページも用意されている。(パスワードや詳細は本文内)

 

著者新シリーズの試みとして、各章毎の終わりに、ネコが解説する「ニャン・コラム」も登場、テーマ毎により分かりやすく解説し総復習できるようになっている。


≪特別企画: 別章「アジアの無制限戦争、最前線!!」≫
本書の目玉は、これだけで新書1冊分以上の内容である150ページもの分量の「特別企画章」である。TVメディアでは取上げられないアジア情勢最新情報が、各分野の最もHOTな話題、専門家との会話と共に明かされる。
・「今、アジアで何が起きているのか?」―最前線レポートを検証
■台湾
・台湾と日本は運命共同体である
〈対談〉 日本を守る。台湾を守る―永山英樹(台湾研究フォーラム会長)との対談
〈対談〉 シナ帝国主義との生存をかけた闘い―林建良(「台湾の声」編集長)との対談
■ウイグル
・シルクロードの第二の被爆国・ウイグル―日本は唯一の被爆国ではなかった
〈対談〉 シナ帝国主義占領下のウイグル人の苦悩―イリハム・マハムティ(世界ウイグル会議日本代表)との対談
〈対談〉 シナの核「実験」は国家による犯罪だ!!―高田純(札幌医科大学教授)との対談
■チベット
・日本とチベット 民族自決権を求めるチベット
〈対談〉 シナの過酷な民族絶滅政策に耐えるチベット―ペマ・ギャルポ(チベット文化研究所所長)との対談
各国毎に、地図や歴史年表、文化等の入門情報が多数の写真入りで紹介され、各国入門ガイドにもなっている。
また各国情報を勉強するのに最適な情報収集先の紹介、情報戦争対策、入門書籍・サイト情報も丁寧に紹介されている。

 

内容(「BOOK」データベースより)
「無制限戦争」とはいったい何!?本書はこれを解き明かす初の本格的教科書である!多岐にわたる「情報戦争」の専門的内容を超平易に徹底解説!裁判史上最大規模、1万人のNHK集団訴訟はなぜ、起きた―。

 

 

外国人観光客の多さに悲鳴を上げるバルセロナ!日本も適切な対策を!

 

観光客の数が増えればいい、というものではない。

 

ビザを緩和すると、不法滞在者が増えるし・・・。

 

※ 以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。なお、記事中、元々太字だった部分は、アンダーラインで表示した。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00164660-toyo-bus_all

バルセロナが「観光客削減」に踏み切る事情
東洋経済オンライン 3/25(土) 9:00配信

 バルセロナはスペインで観光客が最も多い都市なのをご存じだろうか。1992年にバルセロナオリンピックが開催されたのを機に、バルセロナ市が主導して観光都市として発展するために必要なインフラ整備などを行った結果、スペイン随一の観光都市となった。バルセロナが観光都市として発展するのに建築家アントニオ・ガウディの存在は重要な要素となった。たとえば、彼の未完の大作である「サグラダファミリア」だけでも年間320万人もの観光客が訪れている。

 

 そのバルセロナ「観光客削減乗り出している。

 

 3月中旬にはアダ・コラウ市長が、「2020年に向けた観光都市計画」を発表。今後は、観光客の宿泊を目的としたマンションの固定資産税引き上げると同時に、こうしたマンションの新たな認可やめる考えを明らかにした。また、ベッド・アンド・ブレックファスト(B&B)への規制も強化し、年間貸し出せる部屋制限するという。バルセロナでは、2016年10月から1年間、歴史地区での新たな商業施設等の開設禁止しているほか、2017年1月末には市議会で2019年以降新たなホテルの建設禁止する法律が可決されている。

 

■人口の20倍近い観光客が訪問

 

 実際、バルセロナにはとてつもない数の観光客が訪れている。年間観光客数約3200万人と、同市の人口(160万人)約20倍にも上る。バルセロナで訪問者が必ず訪れるランブラ通りには1年間になんと延べ1億人が通行している。ある調査によると、そのうち21%が地元の住人で、残り79%は観光客。つまり、平日で、1日に20万人が通行しているというのだから、混雑を通り越している

 

 もう1つ、「異常事態」を示す数字がある。ポブレ・ノウ地区には、7万人が住んでいるのだが、この地区のホテルのベッド総数は2万にも上る。さらにグラシア地区では、観光客用に提供しているマンションが1万5000戸もあるという。

 

 観光客の急増には、地元の住民頭を悩ませている。市役所が市民約6000人を対象に「困っている問題」について尋ねたところ、「観光客の多さ」と答えた人の割合は約8%と、1位の「失業」(24.9%)に次いだ。一方、バルセロナを訪れる観光客の58%も「観光客が多すぎる」と考えているのだから、普通ではない状況だ。

 

 観光客が増えていることで、実際市民にどんな弊害が起きているのだろうか。1つは、「騒音問題」だ。多くのマンションを持つ市民が「ホテルより安く泊まれる」と銘打って民泊を始めたところ、品行の悪い外国人観光客の存在が目立つようになった。「朝までどんちゃん騒ぎが続き眠れない」「エレベーターの濫用で頻繁に故障するため、維持費がバカにならない」など、マンション住民たちは頭を抱えている。

 

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00164660-toyo-bus_all&p=2

もう1つ市民を悩ませているのは

 

 また、こうした「宿泊用」マンションが増える中、一般市民向けのマンションが不足しており、賃貸料が上昇。2015年には、賃料を23%も引き上げるマンションもあったという。

 ※ 引用は、ここまで。

 

記事は、もう少し続きがあるが、同じ話の繰り返しと、カタルーニャ州の独立問題の話なので割愛。

 

結局、「何でもやり過ぎはダメ」だという話。

 

日本も、急激に外国人観光客を増やすのではなく、問題点を検討しながら、少しずつ増やしていくべきだろう。

 

そして、一定の段階で、ストップをかける。

 

問題が多く起きて、メリットより、デメリットの方が大きくなるからだ。

 

今は、数値目標ありきで、対応も、行き当たりばったりという感じ。

 

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」だろう。

 

〈アマゾンへのリンンク〉 

世界が憧れた日本人の生き方 日本を見初めた外国人36人の言葉 (ディスカヴァー携書)

世界が憧れた日本人の生き方 日本を見初めた外国人36人の言葉 (ディスカヴァー携書)

 

内容紹介
現代を豊かに生きる智慧は、かつての日本にこそ眠っている。

シーボルト、イザベラ・バード、アインシュタイン……
16世紀以降に日本を訪れた外国人たちの記録から、現代にも通用する「生き方のヒント」が見えてくる。

「何と多くの思いがけない親切に出会うことか! 」
「ほんものの平等精神が社会の隅々まで浸透している」
「私たちは何もかも幸福であった」

「私は、書き留めた言葉の数々からこうした日本の
素晴らしい原型が浮かび上がってくるのを目のあたりにすると同時に、
現代の日本がそこから少しばかり外れてしまっていることに思い当たりました。
そして、私たちが原点回帰することの必要性を、身にしみて感じるようになりました。

未知のものを模索するのは難しいでしょうが、もともと存在しているものに
もう一度目を向けるのは復習であり、温故知新です。
ありがたいことに、先人たちのお手本が外国人たちの訪日記録という形で現在でもしっかり残されています。
そして日本人は、先祖代々からの文化継承を得意とする民族です。
元来持っていた良さが完全に失われたわけではなく、戻る気にさえなれば戻れる環境があります。

いまほど、自国の伝統文化の素晴らしさに再度光をあてることがふさわしいときがあるでしょうか。」
(「はじめに」より)

●正誤表
・p.010 7行目
<誤>私は、ここに挙げる42名の外国人たちの記録から、
<正>私は、ここに挙げる36名の外国人たちの記録から、

●目次
第1章 シンプルさのなかに豊かさを見いだす
第2章 どんな相手も尊重する
第3章 いつもご機嫌である
第4章 教養を身につける
第5章 自然とともに生きる
第6章 必要な道徳心を備える
第7章 進んで相手をおもてなす
第8章 共存共栄に生きる
最終章 現代に生きる日本の美徳

 

出版社からのコメント
本書は、私たちの住む日本という国が、古代から膨大な時間をかけてじっくりと培われた、
本当の意味で人間らしく、健康的で平和で、かつ満ち足りた理想的な社会であったということを示すものです。

日本はいま、世界から大きく注目を集めています。
たとえば近年、様々な日本の文化が、続々と世界遺産に登録されています。
2013年には富士山が、2014年には富岡製糸場と周辺の絹産業遺跡、そして和食が登録され、つい最近は、日本の祭り「山・鉾・屋台」33件もが無形文化遺産に登録されることが発表されました。
そのなかでも特に興味深いのが、2010年に世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」です。
自然の山と海、そして人間のつくり出す日々の暮らし。
つまり、「土地と住民の生活スタイルそのもの」が、世界の宝として認定されたのです。
昨今、「エコロジー」だとか “Go Green"(環境に優しく)などと叫ばれ、自然を大切にしようという活動が西洋社会で盛んになっています。
しかし、そのようなスローガンが生まれる遥か以前から、里山には環境に優しい暮らしが存在し続けてきました。
人間をあらゆる被造物のなかでもっとも優れた存在と見る西洋の思考とは対照的に、動植物すべてが人間と同じ世界に同等に存在すると見る「共生感」が日本人には根本的に備わっていると見ることができるでしょう。
こうしたことが、一連の遺産登録によって世界中から評価されることになったのです。

そしてこれから先、日本に対する世界の関心はより一層高まっていくはずです。
2020年には、東京でオリンピック・パラリンピックが開催されます。
そのとき、自然風土や食、伝統文化、物づくりなど、様々な角度から日本が世界の注目を浴びるのは間違いありません。
そこで私はこれを機に、日本人が自らのユニークな長所を見つめ直し、衰退していたものを復活させていくことで、日本という国を再び活性化させるとともに、世界全体が安定を取り戻すことに繋がるのではないかと考えています。
(「はじめに」より)

「実質的な移民」である在留資格「永住者」が増え続ける日本!在留外国人の数自体も238万人と過去最多!

 

2週間前の記事だが・・・。

 

これ以上、外国人が増加すると、日本社会に様々な「ひずみ」が生じる。

 

どんな「ひずみ」かは、さんざんこのブログで書いてきたので省略。

 

とりあえず、事実の指摘だけにとどめる。

 

もはや、ある程度の「合理的な制限」が必要な段階に入っている。

 

以下、全ての記事の赤字・太字は、管理人による。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000082-jij-pol

在留外国人、最多238万人=ベトナムが急増
時事通信 3/17(金) 16:10配信

 法務省は17日、2016年末時点在留外国人数前年比6.7%増238万2822人となり、2年連続で過去最多を更新したと発表した。

 

 今年1月1日現在の不法残留者数3.9%増6万5270人で、3年連続で増加した。いずれもベトナムからの人数が大きく伸びた

 

 在留外国人は、就労や留学などの中長期滞在者と特別永住者の合計。国別では、中国69万5522人、韓国45万3096人、フィリピン24万3662人。これにベトナムが19万9990人で続き、増加率は36.1%と突出して高かった。

 

 不法残留は、韓国1万3265人、中国8846人、タイ6507人。ベトナムは34.9%増の5137人だった。 

 

別の視点からの記事。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000067-mai-soci

<在留外国人>最多238万人…永住者、20年で10倍
毎日新聞 3/17(金) 19:14配信

 法務省は17日、2016年末の在留外国人数が238万2822人(前年末比15万633人、6.7%増)だったと発表した。在留資格別では「永住者」72万7111人(同2万6611人、3.8%増)と最も多く、いずれも統計を取り始めた1959年以降最多。在留外国人は96年の134万人余から20年で100万人余増の1.77倍だが、永住者96年の約7万2000人から約10倍と大幅に増加した。

 

 在留外国人はリーマン・ショックの影響などで09年から減少し、13年に増加に転じた。16年末は国別で(1)中国(69万5522人)(2)韓国(45万3096人)(3)フィリピン(24万3662人)(4)ベトナム(19万9990人)の順。一方、永住者その間も一貫して増加。16年末の国別は未集計だが、15年末(1)中国(22万人余)(2)フィリピン(12万人余)(3)ブラジル(10万人余)(4)韓国(6万人余)の順だった。

 

 在留資格別では永住者に続き▽在日韓国・朝鮮人などの特別永住者33万8950人(前年末比2.8%減)▽留学27万7331人(同12.4%増)▽技能実習22万8588人(同18.7%増)の順。

 

 15年の国勢調査日本の総人口1億2709万4745人で、10年調査から96万2607人減少したが、これには在留外国人含まれ永住者の急増総人口の減少緩やかにしていると言える。政府「移民政策は取らない」との立場だが、首都大学東京の丹野清人教授(労働社会学)は「在留資格の更新が不要で職業制限もない永住者実質的移民だ」と指摘している。【山口知】

 

早め早めに措置しておかないと、気づいたら、「日本社会がおかしくなっていた」「日本社会が乗っ取られていた」「日本は住みづらい国になった」では、話にならない。

 

〈アマゾンへのリンク〉 

北海道が危ない!

北海道が危ない!

 

  

日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき

日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき

 

  

カエルの楽園

カエルの楽園

 

  

「カエルの楽園」が地獄と化す日

「カエルの楽園」が地獄と化す日